• 生活者トレンド

2023-10-06

男女1,000人に聞いた2024年おせちに関する調査

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、「2024年おせちに関する調査」の結果をご報告いたします。

調査結果詳細

調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年9月27日~9月29日
パネル:「Pontaリサーチ」会員
    (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象:国内在住20~60代の方
有効回答数:1,000名 ※性年代別に各100サンプル回収

*数値は四捨五入・小数点切上げによる整数表示。このため一部合計値が100%とならない箇所あり
また、アンケートで呈示した選択肢を統合・再集計した結果を掲載している設問あり
*総務省:人口推計を基にウエイトバック集計を実施 ※一部の設問を除く
*グラフ単位:%

 

【聴取項目】
属性
– 性年代
2024年1月のおせち喫食・購入実態
– 喫食予定
– 購入予定
– 喫食予定人数
– 予算感
おせち評価
– 具材評価①(必要度)

市販のおせちの購入予算は平均18,946円。昨年から1,119円増加

次の正月(2024年1月)のおせちに関する喫食・購入予定を聴取した。

おせち喫食予定は、2023年9月時点では「食べる」44%、「食べない」30%、「わからない」26%となった。
また、市販のおせちの購入予定は、「既に予約した」3%、「買う予定」18%、これらを合わせた【購入率】は21%となっている。

▼2024年1月のおせち喫食/購入予定

おせち喫食かつ購入(予約済含む)層の喫食人数と予算感を整理した。

 

喫食人数は、「2人」「3人」「4人」が各2割以上と高く、このレンジが全体の約7割を占めるボリュームゾーンといえる。
予算感は、「~20千円(=15,001円~20,000円)」が28%と最も高く、次いで「~10千円」「~5千円」が2割弱で続く。

 

また、喫食人数と予算感から算出した“喫食人数別の1人あたり平均予算”は、喫食人数が「1人」の時が8,700円で最も高く、人数が増加するにつれて額が減少する傾向が見られた。

 

各平均値による経年推移をみると、2023年(今回調査)は2022年から喫食人数がやや減少し、予算額は増加している。このため、1人あたり平均予算額も増加している。

 

※金額上昇の背景には各種食品値上げが影響している可能性がある点に注意

 

▼喫食人数・構成比分布(喫食&購入ベース)

▼予算感・構成比分布(喫食&購入ベース)

▼喫食人数別1人あたり平均予算(喫食&購入ベース)

▼平均値一覧(喫食&購入ベース)

おせちに必要な具材。男性は卵料理、女性は海老と酢の物

おせち喫食かつ購入(予約済含む)層を対象に、おせちの21種類の具材について【絶対に必要】【あったら嬉しい】【無くてもよい】の3層による評価を聴取、コレスポンデンス分析を実施した。

【絶対に必要なもの】は「伊達巻」「黒豆」「かまぼこ」「栗きんとん」「数の子」「海老」の定番料理、【あったら嬉しい】は「鰤」「鯛」「蛤」といったいわゆる“焼き物”と「里芋」「酢れんこん」「手綱こんにゃく」「たたきごぼう」、【無くてもよい】は「くわい」「菊花かぶ」など普段馴染みが薄いものが上位に挙がり、各具材で必要度合いの違いが読み取れる。

また、性別にみると、【絶対に必要】で「伊達巻」「錦卵(錦玉子)」は男性、「海老」「紅白なます」「酢れんこん(酢蓮)」は女性でそれぞれ高く、嗜好の差が表れている。

▼具材評価・必要度コレスポンデンス分析結果(喫食&購入ベース)

▼具材評価・必要度(喫食&購入ベース) ※複数回答形式で聴取

▼具材評価・必要度・性別差分値(喫食&購入ベース) ※【女性】-【男性】で算出

関連記事はこちら

 

 

 

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】
調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

  • 11月 27, 2023

    『物流の2024年問題に関する調査』ラジオ番組「馬渕・渡辺の...

    #生活者トレンド

    • 約6割がネット通販での商品購入時に、配送ドライバーの負担を「意識したことがある」
    • 配送ドライバーの負担を意識するようになった時期は、2018年より「もっと前から」がトップ
    • 配送ドライバーの負担軽減のため「在宅時間帯に配送を指定する」が71.5%、次いで「置き配を利用する」が37.0%
    • 「置き配」や「コンビニ受け取り」利用者へのポイント付与制度が始まれば「利用したい」は72.2%
    • 約半数が「ドライバーの労働環境の改善」を望んでいる。「物流の2024年問題」認知率は65.2%
  • 11月 21, 2023

    新NISA制度に関する調査

    #ライフスタイル

    #生活者トレンド

    • 新NISAの認知率は60.9%。うち現行NISA利用者の約7割が新NISAの「利用予定がある」
    • 新NISAで投資予定の月額は「10万円」が21.3%でトップ
    • NISA非利用者の新NISA利用の懸念点は、「利用方法が難しそう」が46.6%
    • 現行NISA利用率は27.8%。一方、「NISA口座を開設したが投資をしていない」が14.8%
  • 11月 17, 2023

    FIFA女子Wカップ開催後のWEリーグへの影響に関する調査

    #生活者トレンド

    • WEリーグの認知度は約6割だが、観戦経験は約3%と改善の余地あり
    • 「FIFA女子Wカップ」の認知率は7割、そのうち3割が今後WEリーグ観戦意向あり
    • 観戦同席者は「家族・親族」「友人・知人」が最も多いが、同席者ごとに今後の観戦意向をみると「職業関連」が高い
    • スタジアム観戦の動機は、スポーツ・クラブ・選手が好きであることの他、「臨場感があって楽しめること」

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ