• 生活者トレンド

2023-01-26

男女1,000人に聞いた2023年おせちに関する調査

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティングは、2023年のおせち料理に関する喫食・購入状況を調査した「2023年おせちに関する調査」の結果をご報告いたします。

調査結果詳細

調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年1月16日~1月17日
パネル:「Pontaリサーチ」会員
    (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象:国内在住20~60代の方
有効回答数:1,000名 ※性年代ごとに100サンプル回収

*数値は四捨五入による整数表示。このため一部合計値が一致しない箇所あり
*総務省:人口推計(2022年 12月概算値)を基にウェイトバック集計を実施

 

【聴取項目】
– おせち喫食有無
– 喫食同伴者
– 喫食人数
– 「市販のおせち料理」購入有無
– 購入金額
– 購入場所
– 購入用途(自家消費/贈答)

2023年のおせち喫食者は約6割。親戚が集まり食べる物のポジションからの脱却が需要拡大

2023年のおせち料理の喫食状況を聴取した。
「食べた」が60%となり、2022年9月時点(≒市販のおせち料理の販売予約開始時期)の「食べる」47%から13ポイント増加している。

▼2023年おせち喫食有無(%)

次に、おせち料理の喫食同伴者を聴取した。

 

「配偶者・婚約者」「父・母」「子供・孫」が4割以上で上位、次いで「兄弟・姉妹」「親戚」「祖父・祖母」の親族が並ぶ一方で、親族以外は「友人・知人」の2%のみとなっている。

 

おせち=親族が集まる正月に食べる料理という、昔から変わらない料理の位置付けであり、需要拡大にはこのポジションからの脱却が必要と考えられる。

 

また、「一緒に食べた人はいない」個食者は7%となった。

▼喫食同伴者(喫食者ベース)(%)

喫食者の半数程度が市販品を購入。多様化する販売チャネル

市販のおせちの購入状況を聴取した。

喫食者全体に対する市販のおせちを「買った」購入者は55%、非喫食者含む全体ベースで見ると35%となった。
また、2022年9月時点(≒市販のおせち料理の販売予約開始時期)の「買う予定」48%から7ポイント増加している。

▼市販のおせち購入有無(喫食/喫食予定者ベース)(%)

市販のおせちについて、購入場所を聴取した。

 

「スーパーマーケット」が49%と突出、次いで「通販会社」「百貨店」が約2割で高い。

 

また、「料亭・レストラン」「コンビニエンスストア」「食品配達サービス」「ディスカウントストア」も購入者が一定割合が存在しており、チャネルやニーズが多様化している様子がうかがえる。

 

▼購入場所(購入者ベース)(%)

購入した市販のおせちの用途を聴取した。

 

「自宅で食べるため」の”自家消費用“が98%でほとんどではあるものの、「(実家や親戚など)別の世帯への贈り物」も5%と、贈答目的の需要が一定数存在することが明らかになった。

 

▼購入用途(自家消費/贈答)(%)

平均喫食人数:3.6人、平均購入金額:約14,000円

市販のおせち購入者における喫食人数と購入金額を確認した。

喫食人数は6人以内、購入金額は¥40,000以内の範囲に集中しており、この範囲がボリュームゾーンといえる。
また、平均値は喫食人数:約3.6人、購入金額:約14,000円となった。

▼喫食人数×購入金額(購入者ベース)

喫食人数と購入金額を基に、”1人あたり購入単価“を人数別に確認した。

 

喫食人数:1人では、購入単価が¥5,675ともっとも高く、次いで2名:¥4,653、3名:¥4,089と、人数が増えるほど購入単価が低下する傾向が見られる。

 

喫食人数:6人では購入単価が¥3,060ともっとも低く、単価は約¥3,000/人が下限と推察される。

 

▼喫食人数別・1人あたり平均額(購入者ベース)

お問い合わせ

関連記事はこちら

 

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】
調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

  • 5月 27, 2024

    健康の維持・増進に関する食の意識調査ラジオ番組「馬渕・渡辺の...

    #ライフスタイル

    #消費動向

    • 約6割が、食生活で「健康に良い」とされるものにお金を使う。年代の高い層において意向が高い
    • 健康食を「意識している」は全体の65.0%。60代では69.6%
    • トクホおよび機能性表示食品の摂取頻度は20代が最も高く、およそ半数が摂取している
    • トクホや機能性表示食品に対して重視する効果は、「免疫力向上」がトップ。若年層では「睡眠の質向上」が高い
    • ラベル表示や説明の信頼度は「トクホ」が57.2%、「機能性表示食品」が49.1%
  • 5月 20, 2024

    仕事でのストレスに関する調査

    #ビジネス

    #生活者トレンド

    • 66.8%が仕事でのストレスを感じている。勤続年数を問わず、「1年未満」から「10年以上」までの全てで60%以上を占める
    • 年代が上がるほど「2年以上前」から続くストレスが高い一方、20代は「数週間前」の直近のストレスが高い
    • 20代では「ネットやSNSで気晴らしする」が24.0%で、他の年代より高い
    • 20代と60代は「業務内容」、30代は「業務量の多さ」、40代と50代は「上司や同僚との人間関係」がストレス原因のトップ
    • 現在の勤め先で、およそ半数がストレスによる心や体の不調を経験している
  • 4月 26, 2024

    『ゴールデンウイークの過ごし方に関する調査』ラジオ番組「馬渕...

    #生活者トレンド

    • 連休の間にある平日3日間の休暇予定者は各日約2割。最大10連休は少数派の見込み
    • ゴールデンウイークの予定は、1位「自宅で過ごす」(56.0%)、2位「近所・近場のおでかけ」(26.6%)、3位「日帰り旅行」(12.3%)
    • 自宅での過ごし方は、10~20代では「動画配信サービス視聴」、30~40代では「掃除・片付け」、50~60代では「テレビ番組視聴」がトップとなり、年代による違いが見られる
    • 近所での過ごし方は「ショッピング」「外食、カフェ」がそれぞれ5割を超える
    • 一緒に過ごしたい相手は、1位「家族」が約6割、2位「一人」が約3割

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ