Pontaデータ オーダーメイド分析プラン事例
Pontaデータの分析・施策活用

クライアントが保有しているデータとPontaデータを掛け合わせ、
クライアントのデータで足りなかった部分を補完し分析を実施。
大規模な属性データや実利用データ、意識データから、
新たな顧客の獲得や休眠の防止を実施可能。

データにまつわる課題

成約者のデータは保有しているが、詳細な属性や志向性などのデータを保有しておらず、
新規獲得などのプロモーションができていない。

ロイヤリティマーケティングの解決アプローチ

  • クライアントの保有データとPontaデータの掛け合わせ

  • Pontaデータで実利用データや意識データを補完し、分析を実施

  • ターゲットの選定とプロモーションの実施

クライアントの保有データとPontaデータを掛け合わせ

クライアントが保有しているデータをご連携いただき、Pontaデータと掛け合わせ。
価値観データや志向性データ、実利用データから顧客の特徴を分析し、ペルソナを作成。
Pontaデータを掛け合わせることで、顧客像の把握ができ、商材のターゲット層の特定ができた。

会員の特徴を分析し、顧客像を把握

ターゲットの選定とプロモーションの実施

把握した顧客像と類似のPonta会員を抽出し、新規顧客獲得のプロモーションを実施。
成約の可能性が高い会員に絞ることで効率的なプロモーションができるようになった。
さらに、プロモーションの効果検証も実施し、PDCAの運用も支援。