分析代行プラン事例
データ活用スキームの確立

クライアントデータを連携いただいたうえで、
事業内容などについてもヒアリングし、
商品・店舗・顧客など様々な軸から目的に沿った
データの活用方法をご提案。

データにまつわる課題

会員データや購買データを自社で保有してるものの、
大規模データのクリーニングや分析ができる人材・環境がなく、
データを活用したマーケティングができていなかった。

ロイヤリティマーケティングの解決アプローチ

  • クライアントのデータをお預かりし、データクリーニングの実施

  • クライアントの課題に沿ったデータの整形や分析設計、その活用に関するシナリオ作成

  • 顧客、店舗、商品など様々な方向から分析を実施し、事業全体の売上改善を支援

データクリーニングの実施

会員データや店舗データ、購買データをお預かりし、データクリーニングを実施。
クリーニングしたデータをお戻しすることで、クライアント社内においても分析可能に。
また、作成したロイヤルティランクを付与することで、
メルマガ配信におけるターゲティングが円滑にできるようになった。

データ分析のシナリオ作成

クライアントの事業内容や課題をヒアリングし、課題に沿ったデータの整形や分析設計、活用方法をご提案。
データ分析の設計から施策への反映までデータをマーケティングに活用いただくための流れやスケジュールを作成。

データ分析や活用のシナリオ図

様々な軸からの分析

店舗、顧客、商品など
様々な方向から分析を実施。

  • 店舗軸

    店舗軸においては、過去の実績などから適切な事業KPIを設計しつつ、各店舗の状況をクライアント自身が把握し、改善していくためのレポートを設計・作成。

  • 商品軸

    商品軸においては、買上点数向上のため、商品の併売分析を実施し、棚割りなどの改善に活用。

  • 顧客軸

    顧客軸においては、ロイヤルティランクの作成などを実施し、顧客像を明確化。さらに、店舗・商品など様々な方向から分析設計やデータ活用を実施することで、事業の売上改善を支援。

ロイヤルティランクが高い会員が購入している商品を決定木を用いて分析

決定木ツリー図

各店舗や支店、本社が毎月の売上状況やKPIを把握し、改善点を把握できるレポート