• 生活者トレンド

2024-03-27

アイドルの推し活に関する調査

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、「アイドルの推し活に関する調査」(実施期間:2024年2月5日~2月6日)について、結果をご報告します。
本調査ではLMのLife Actionセグメントから「ライブイベントに頻繁に参加」する人を抽出し、推し活経験者を対象にアンケートを実施しました。また、1億人超のPonta会員に対して拡大推計を実施し、価値観マーケティング支援サービス「PERSONA+」を用いて、アイドルの推し活経験者をプロファイリングした結果についてもご報告します。

調査結果詳細

※本リリースでは、「推し活」について、特定のキャラクター・アーティスト・アイドル・スポーツ選手などを「推し」と表現し、ファンとして応援する行動を指しています

調査方法:インターネット調査
調査期間:2024年2月5日~2月6日
パネル:「Pontaリサーチ」会員
    (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象:国内在住10~60代の推し活経験者
有効回答数:2,000名
※調査結果は小数点第2位を四捨五入しています

推しの対象は、過去・現在ともに「アイドル」が1位

今回の調査では、日本国内在住10~60代の推し活経験者に対して聴取を行った。過去および現在の推しについて聴取したところ、「アイドル」がトップ、次いで「ミュージシャン/バンド」「キャラクター」「スポーツチーム」「俳優」が続いた。TOP5までは過去も現在も同順位となり、アイドルの推し活経験者が最も多いことが確認された。

▼過去および現在の推し (上位5位まで表示)※複数回答  (%) (n=2,000)

人気トップは「J-POP男性アイドル」(46.0%)、次いで「J-POP女性アイドル」(34.0%)

過去または現在の推しが「アイドル」と回答した方を対象に、推しアイドルのジャンルを聴取したところ「J-POP男性アイドル」が46.0%でトップ、次いで「J-POP女性アイドル」が34.0%だった。
また、現在の推しアイドル名の自由回答では「Snow Man」が1位だった。J-POPアイドルグループが上位9位までに8組ランクインしている。

▼過去または現在の「推しアイドル」のジャンル ※複数回答 (%)(n=946)

▼現在の推しアイドル(上位9位まで表示)※自由回答  (n=559)

推し起用の広告によって購入した経験のある商品は、J-POP男性アイドル推しは「スイーツ・お菓子」、K-POP女性アイドル推しは「化粧品・美容商品」が多い

推しが広告に起用されている商品の購入経験を、アイドル推しと全体で比較した。アイドル推しでは「特になし」が全体より9.6ポイント低く、購買経験が多いことが確認された。購入した商品は「スイーツ・お菓子」「化粧品・美容商品」が上位となった。
推しているアイドルのジャンル別で、推しが広告に起用されている商品の購入経験を見ると、「スイーツ・お菓子」においてJ-POP男性アイドルが28.5%でトップだった。「化粧品・美容商品」においてはK-POP女性アイドルが37.0%で最も高く、次いでK-POP男性アイドルが30.0%で続いた。美容大国と言われる韓国のアイドル起用による影響が伺える。

▼推しが広告に起用されている商品の購入経験(上位5位まで表示) ※複数回答  (%) (アイドル推しn=946)(全体n=2,000)

▼推しが広告に起用されている商品の購入経験|アイドルのジャンル別 (上位5位まで表示) ※複数回答  (%) (アイドル推しn=946)

音楽CDの購入理由は「イベント参加特典」「推しの売上ランキングを支える」。特にK-POPアイドルの推し活で高い

音楽CDを購入する理由をアイドル推しと全体で比較したところ、アイドル推しの方が「特典グッズや限定版アイテムを求めるため」「イベント参加特典を得るため」「推しの売上ランキングを支えるため」について、それぞれ7ポイント以上高かった。
推しているアイドルのジャンル別で見ると、K-POP男女アイドルの推し活層において、「イベント参加特典を得るため」「推しの売上ランキングを支えるため」が、他のアイドル推しよりも高いことが読み取れる。

▼音楽CDを購入する理由(上位5位まで表示) ※複数回答  (%) (アイドル推しn=946)(全体n=2,000)

▼音楽CDを購入する理由|アイドルのジャンル別(上位5位まで表示) ※複数回答  (%) (アイドル推しn=946)

PERSONA+で見る価値観:アイドル推しは「我が道を行く自己陶酔タイプ」が多い傾向

Ponta会員1億人超に類似度スコアを付与し、アンケートデータを基に拡大推計を実施した。その結果、アイドル推し(スコア50%以上の会員)は約4,440万人と想定され、うち男性30代が10.6%と最も多い。職業別で、Ponta会員全体と比べてハイスコア者の構成割合が多いのは「学生」で13%(全体+4ポイント)だった。
また、LMが提供する価値観マーケティング支援サービスPERSONA+を用いて「アイドル推し」が持つ価値観を分析すると、「我が道を行く自己陶酔タイプ」で、“自分の好きなことに没頭し、自分の時間を楽しむ凝り性。努力を惜しまず、時間やお金もかける”層が多いという結果となった。

▼アイドル推し推計(スコア50%以上の会員)性年代/職業

▼アイドル推し(スコア50%以上の会員)プロファイル

▼ご参考:LMの「Life Actionセグメント」「PERSONA+」サービスについて
本調査で利用した「Life Actionセグメント」では、650個以上の購買傾向や興味関心のセグメントのラインアップでさまざまなターゲティングが可能です。アンケート対象者を絞って効率的に調査したい、プロモーションを実施したいがターゲットが分からない、施策対象のセグメントが不足してきているなどの課題解決にお役立ていただけます。
また、「PERSONA+」では独自の価値観判別ロジックで、生活者の価値観を15クラスターに分類してペルソナを作成し、プロファイリングが可能です。商品・サービスの適切な顧客像が分からない企業に対して、LMが顧客理解を支援いたします。

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】
調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

最新の自主調査や分析レポートをお届けするメルマガを配信!登録はこちら

  • 7月 8, 2024

    15万人のPonta会員に聴いた 観光地の満足度に関する調査

    #消費動向

    #生活者トレンド

    • 歴史・文化的名所として満足度TOP3は 平泉、宮島、出雲
    • 温泉・リゾートを楽しめる満足度TOP3は、草津、黒川、有馬
    • 体験型の自然を楽しめる満足度TOP3は、屋久島、石垣島、宮古島
    • 美味しいものを食べられる満足度TOP3は、函館、福岡、小樽
    • 「おすすめしたい」を最も高める要素は美味しいものへの満足度
  • 7月 1, 2024

    カスタマーハラスメントに関する調査 ラジオ番組「馬渕・渡辺の...

    #生活者トレンド

    • 約4割がカスハラを受けた経験あり。うち8割以上が「威圧的な言動」、5割が「精神的な攻撃」を受ける
    • カスハラを受け「精神的なストレスを感じた」が77.2%。「転職」「休職」「異動・転勤の希望を出した」が合わせて約2割
    • 「自分の言動がカスハラかも」と加害を自覚したことのある人は20.4%。40代男性(32.0%)が最も高く、次いで60代男性(27.0%)
    • カスハラが明確に禁止されるようになった場合、7割以上が抑止効果に期待
    • カスハラ目撃率は65.3%。目撃場所1位は「小売店舗」、2位は「レストランやカフェ」、3位は「役所の窓口」
  • 6月 26, 2024

    料理のコスパ・タイパに関する調査

    #生活者トレンド

    • 年代が上がるほど「毎日」料理をする割合が高く、女性のおよそ半数。男性は約2割にとどまる
    • 夕食でコスパがよいと感じる価格は、内食・外食ともに一人当たり「500~1000円未満」が最も高い
    • 料理にかかる時間は「30分以内」、外食の際に待てる時間は注文から「20分以内」がトップ
    • 料理のタイパを上げる方法は「シンプルなレシピを選ぶ」が約6割で最多。「事前の下ごしらえ」や「冷凍食品」「調理器具」の活用が約2割
    • タイパを上げるために、約7割が「週に数回以上」冷凍食品を利用している

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ