• 消費動向
  • 生活者トレンド

2024-03-18

地方創生のための日本の祭り・イベントに関する基礎調査
(1月~3月)

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、地方創生に資する基礎情報提供を目的とした「地方創生のための日本の祭り・イベントに関する基礎調査(1月~3月)」の結果をご報告いたします。

調査結果詳細

調査方法 : インターネット調査
調査期間 : 2023年12月13日~16日
パネル : 「Pontaリサーチ」会員
     (Ponta会員で「Pontaリサーチ」の会員登録をしていただいている方)
調査対象 : 国内在住15~79歳の方
有効回答数 : 1,400名 ※性別×年代10代刻み各100サンプル回収

【聴取項目】

日本の祭り・イベントへの関与

– 認知実態

– 来場経験/複数回来場経験/来場意向/映像視聴意向

– 1人あたり支出額

– 推奨度

– 推奨度理由(自由記述)

 

【調査対象】※例年1月~3月開催の日本国内の主要な祭り・イベント

– さっぽろ雪まつり

– 東京マラソン

– 十日戎

– 箱根駅伝

– 長崎ランタンフェスティバル

– 十日町雪まつり

– 神戸ルミナリエ

 

 

【補足】

資料中のグラフは特に記載がない限り、下記としている。

– グラフ単位:%

– 数値は四捨五入のため一部合計値が100%とならない箇所あり

– アンケートで呈示した選択肢を統合・再集計した結果を掲載している設問あり

– 総務省:人口推計を基にウエイトバック集計を実施

– n=30未満は参考値扱い

国民的認知度を誇る「さっぽろ雪まつり」はリピート率が課題

例年1月~3月開催される日本国内の祭りやイベントの認知度合いを聴取した。

「行われている内容を知っている」+「名前を聞いたことがある」の合計値を【認知率】として見た場合、今回の調査対象の中では「箱根駅伝」「さっぽろ雪まつり」「東京マラソン」が9割前後で高く、“国民的”といえる。
また、「箱根駅伝」は「行われている内容を知っている」(=詳細認知)が71%と特に高い。

▼認知実態(全数ベース)

前述の【認知率】のほかに、認知しているものを対象として、以下の指標を設定して聴取した。

 

【来場経験率】                   ・・・会場に見に行ったことがある

【リピート率】                   ・・・そのうち、複数回見に行ったことがある

【来場意向率】                   ・・・(今後も)会場に見に行きたい

【映像視聴意向率】               ・・・(今後も)TV/ネット中継で見たい

 

【来場経験率】は「さっぽろ雪まつり」と「神戸ルミナリエ」、【リピート率】は「神戸ルミナリエ」、【来場意向率】は「さっぽろ雪まつり」、【映像視聴意向率】は「箱根駅伝」がそれぞれ最も高い。

 

また、「さっぽろ雪まつり」は【来場経験率】から【リピート率】の歩留まりが低い。

 

▼来場経験/複数回来場経験/来場意向/映像視聴意向(全数ベース)

国内15-79歳男女人口数(9,752万人)をベースとして前述の指標に関する推計人口を整理した。

 

「さっぽろ雪まつり」は認知者数:8,824万人、来場経験者数:1,235万人、来場意向者:1,928万人、映像視聴意向者数:2,010万人と推計した。

 

また、これまで来場経験が無い【未来場】で今後の来場意向や映像視聴意向がある層(下図【新規①】【新規②】)の割合がそれぞれ1割以上と高くなっている。

 

 

▼さっぽろ雪まつり・ファネル推計人口(全数ベース)※値が小さいため小数点第一位表示

来場経験者に自分ひとり分として使った金額(旅費や飲食費等すべて含む)を聴取した。

 

平均値をみると、「さっぽろ雪まつり」が45,445円が最も高く、「東京マラソン」が18,309円、「箱根駅伝」(12,935円)、「神戸ルミナリエ」(11,648円)となった。

 

「さっぽろ雪まつり」の金額の高さが突出しているが、(開催地である北海道の)道外からの来場者を獲得できていること、遠隔地のためその旅費が影響していることの2点が影響していると推察される。

 

 

▼1人あたり支出額(来場経験者ベース)

【リピート率】を単年度の来場者の割合とみなし、【国内人口数】と【平均支出額】から関連消費額を推計した。

 

規模が最も大きいものは「さっぽろ雪まつり」で2,347億円、次いで「神戸ルミナリエ」(771億円)となった。

 

▼関連消費額推計

「さっぽろ雪まつり」はネガ要因の寒さを逆手に取るイメージ戦略が求められる

来場経験者に対して、まだ行ったことがない人にお勧めしたい度合いを11段階で聴取(0点:勧められない~10点:勧めたい)、点数を以下として再集計して整理した。

【批判者】           ・・・0~6点

【中立者】           ・・・7~8点

【推奨者】           ・・・9~10点

【推奨度】           ・・・【推奨者】-【批判者】の値

 

【推奨度】をみると、「さっぽろ雪まつり」と「箱根駅伝」が最も評価が高く、次いで「神戸ルミナリエ」が続く。

 

▼推奨度(来場経験者ベース)

前述のお勧めしたい度合いの理由を自由記述にて聴取した。

 

推奨度が高い祭りに注目すると、「さっぽろ雪まつり」では氷像の見応えを評価する一方で、気候の寒さがデメリットとして挙がる。また、「箱根駅伝」は選手を見られる/臨場感などの“ライブ感”を評価する声が挙がる。

 

▼推奨度理由(来場経験者ベース/主要意見抜粋)

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】

調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

最新の自主調査や分析レポートをお届けするメルマガを配信!登録はこちら

  • 7月 8, 2024

    15万人のPonta会員に聴いた 観光地の満足度に関する調査

    #消費動向

    #生活者トレンド

    • 歴史・文化的名所として満足度TOP3は 平泉、宮島、出雲
    • 温泉・リゾートを楽しめる満足度TOP3は、草津、黒川、有馬
    • 体験型の自然を楽しめる満足度TOP3は、屋久島、石垣島、宮古島
    • 美味しいものを食べられる満足度TOP3は、函館、福岡、小樽
    • 「おすすめしたい」を最も高める要素は美味しいものへの満足度
  • 7月 1, 2024

    カスタマーハラスメントに関する調査 ラジオ番組「馬渕・渡辺の...

    #生活者トレンド

    • 約4割がカスハラを受けた経験あり。うち8割以上が「威圧的な言動」、5割が「精神的な攻撃」を受ける
    • カスハラを受け「精神的なストレスを感じた」が77.2%。「転職」「休職」「異動・転勤の希望を出した」が合わせて約2割
    • 「自分の言動がカスハラかも」と加害を自覚したことのある人は20.4%。40代男性(32.0%)が最も高く、次いで60代男性(27.0%)
    • カスハラが明確に禁止されるようになった場合、7割以上が抑止効果に期待
    • カスハラ目撃率は65.3%。目撃場所1位は「小売店舗」、2位は「レストランやカフェ」、3位は「役所の窓口」
  • 6月 26, 2024

    料理のコスパ・タイパに関する調査

    #生活者トレンド

    • 年代が上がるほど「毎日」料理をする割合が高く、女性のおよそ半数。男性は約2割にとどまる
    • 夕食でコスパがよいと感じる価格は、内食・外食ともに一人当たり「500~1000円未満」が最も高い
    • 料理にかかる時間は「30分以内」、外食の際に待てる時間は注文から「20分以内」がトップ
    • 料理のタイパを上げる方法は「シンプルなレシピを選ぶ」が約6割で最多。「事前の下ごしらえ」や「冷凍食品」「調理器具」の活用が約2割
    • タイパを上げるために、約7割が「週に数回以上」冷凍食品を利用している

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ