• ライフスタイル
  • 生活者トレンド

2024-03-08

サステナブルに関する意識調査を実施

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、「サステナブルに関する調査」(実施期間:2023年10月6日~10月11日)の結果をご報告いたします。また、本調査の結果を、データをビジュアライズして共有するプラットフォーム「Tableau Public」にて、レポートにまとめて公開いたします。

調査結果詳細

調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年10月6日~10月11日
パネル:「Pontaリサーチ」会員
    (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象:国内在住15歳以上男女
有効回答数:21,871名 
※総務省統計局「令和2年国勢調査」の性年代別人口構成比を基にウェイトバックを実施
※調査結果は小数点第2位を四捨五入しています

SDGs認知率は前年と同水準の80.5%。生活者の大多数に浸透している様子が伺える

SDGsの認知率は80.5%となり、前年(78.9%)とほぼ同水準で推移している。SDGsは、生活者の大多数に浸透しているものとなっている。また、行動率は61.0%と、こちらも前年と同水準の結果となった。性年代別で比較すると、高い年代の方が認知率、行動率ともに高い傾向が見られた。

SDGsに関する行動率の内訳を見ると、「意識せずに行動している」が前年より5.2ポイント増加しており、他の項目よりも増加幅が大きかった。意識をしているかどうかに関わらず「行動している」との回答は約6割となり、SDGsに関する行動が日常の生活に定着している様子が伺えた。

▼SDGs認知率・行動率

▼性年代別|SDGs認知率

▼性年代別|SDGs行動率

▼SDGs行動の詳細

意識して行動しているSDGs目標は、全体で「すべての人に健康と福祉を」が最も高い。高い年代では対象の目標数が多い傾向が見られる

SDGsの17の目標のうち、意識して行動しているものについて、「すべての人に健康と福祉を」が23.0%で最も高く、次いで「海の豊かさを守ろう(22.6%)」、「住み続けられるまちづくりを(21.5%)」が続く。性年代別のリフト値を見ると、女性20代以下から50代は「ジェンダー平等を実現しよう」、男性40代以上は「働きがいも経済成長も」、男性60代以上は「人や国の不平等をなくそう」、女性70代以上は「すべての人に健康と福祉を」、高い年代は「気候変動には具体的な対策を」が高かった。また、男女ともに高い年代の方がリフト値の高い項目が多く、意識して行動している目標が多い傾向が見られた。

▼意識して行動しているSDGsの17の目標

▼性年代別|意識して行動しているSDGsの17の目標

▼性年代別|意識して行動しているSDGsの17の目標(リフト値*)

*リフト値:対象性年代の割合/全体の割合

赤で強調している数値は、各性年代で上位3位の項目(リフト値1.0未満は除く)です

企業がSDGsに対応することについて「義務」「配慮しないと非難されて当然」が約4割。高い年代において、SDGs対応への意識が高い様子が伺える

企業がSDGsに対応することへの意識について、「義務であると思う(17.1%)」「義務とまでは言わないものの、配慮しない企業があれば非難されて当然だと思う(22.1%)」を合わせた、SDGsへの対応を当たり前と捉える人が39.2%となった。「企業はまずビジネスに専念すればよいと思う(15.1%)」「SDGsに取り組む余裕のある企業だけが行えばよいと思う(11.6%)」を合わせた、ビジネスが優先だと考える人が26.7%となった。

性年代別に見ると、男女ともに20代以下は「ビジネス専念」「余裕のある企業が行えばよい」が40%前後と他の年代よりも高く、ビジネス優先の傾向が見られた。また、男女ともに70代は「義務」「配慮しないと非難されて当然」が50%超となった。高い年代において、SDGsへの対応を優先して考えている傾向が見られた。

▼企業のSDGs対応への意識

▼性年代別|企業のSDGs対応への意識

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】

調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

 

 

【公開データのご案内】

本調査結果はデータをビジュアライズして共有するプラットフォーム「Tableau Public」で無料公開します。SDGsの認知率や行動率、SDGsに取り組む企業の商品購入意向、企業の取り組みに期待するSDGsの17の目標などについて、前年データとの年次比較や性年代の比較をご覧いただけます。

URL:

https://public.tableau.com/app/profile/loyaltymarketing/viz/SDGs_17047938343610/sheet0

 

 

▼ダッシュボードイメージ

リサーチはこちら
  • 4月 1, 2024

    『春夏の旅行需要に関する調査』ラジオ番組「馬渕・渡辺の#ビジ...

    #生活者トレンド

    • 全体の約4割に旅行意向があり、10代が最も高い
    • 行きたい旅行先は「国内」が半数を超える。旅行時期は夏休みシーズンの需要が高い
    • 希望の旅行相手は「家族」が全ての年代でトップ。10代では「友人」、20代では「恋人・パートナー」が他の年代より高い
    • 2泊以下の短期旅行が人気。ゴールデンウイークと夏休みの旅行の「予約はまだ」がそれぞれ8割以上
    • 旅行しない理由トップは「経済的な余裕がない」。旅行に代わる支出はなく、節約志向が伺える
  • 3月 27, 2024

    アイドルの推し活に関する調査

    #生活者トレンド

    • 推しの対象は、過去・現在ともに「アイドル」が1位
    • 人気トップは「J-POP男性アイドル」(46.0%)、次いで「J-POP女性アイドル」(34.0%)
    • 推し起用の広告によって購入した経験のある商品は、J-POP男性アイドル推しは「スイーツ・お菓子」、K-POP女性アイドル推しは「化粧品・美容商品」が多い
    • 音楽CDの購入理由は「イベント参加特典」「推しの売上ランキングを支える」。特にK-POPアイドルの推し活で高い
    • PERSONA+で見る価値観:アイドル推しは「我が道を行く自己陶酔タイプ」が多い傾向
  • 3月 18, 2024

    地方創生のための日本の祭り・イベントに関する基礎調査(1月~...

    #消費動向

    #生活者トレンド

    • 国民的認知度を誇る「さっぽろ雪まつり」はリピート率が課題
    • 「さっぽろ雪まつり」はネガ要因の寒さを逆手に取るイメージ戦略が求められる

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ