• ライフスタイル
  • 生活者トレンド

2024-01-18

老後の不安とお金に関する調査を実施

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、老後への希望や不安を聴取した「老後に関する調査」(実施期間:2023年11月14日~11月20日)について、結果をご報告いたします。

調査結果詳細

調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年11月14日~11月20日
パネル:「Pontaリサーチ」会員
    (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
有効回答数:1,000名
※本調査は「年齢:20歳~69歳」を対象に実施
※総務省「人口推計(2023年10月概算値)」の性年代別人口構成比を基にウエイトバック集計を実施
※調査結果は小数点第1位を四捨五入しています

老後だと思う年齢は平均65歳。回答者の年齢が低いほど老後だと思う年齢も低い傾向

老後は何歳からだと思うか聴取したところ、平均値は65歳となった。5歳刻みで回答結果を確認すると、「65~69歳」が38%と最も高く、次いで「70~74歳(26%)」「60~64歳(19%)」が続く。累計すると「74歳以下」で全体の90%を占めた。
性年代別に見ると、回答者の年齢が低いほど、老後だと思う年齢も低くなる傾向が見られたが、いずれの性年代でも平均値は60代となった。

▼老後は何歳からだと思うか ※自由記述による聴取 (%)(n=1,000)

▼性年代別|老後は何歳からだと思うか ※自由記述による聴取 (%)(全体n=1,000)

老後の生活への「希望なし」は57%となり、「希望あり」を上回る

老後の生活について、「あまり希望はない」「希望はない」の回答を合わせた「希望なし」が57%と半数を超え、「希望あり」を上回る結果となった。
性年代別では、女性30代で「希望なし」が70%と、最も高くなっていた。また60代を見ると、男女ともに「希望あり」が50%前後と高かった。

▼老後生活への希望(%)(全体n=1,000)

80%以上が老後の生活に不安を感じており、特に生活費や年金などお金に関する不安が最多

老後の生活に不安を感じているかについて、「不安を感じる」「どちらかといえば不安を感じる」を合わせると、全体で80%という結果となった。女性30代では「不安を感じる」という回答のみで53%と特に高かった。
不安を感じる内容は、「生活費や年金などのお金」が82%と最も高く、次いで「体力やケガ、病気などの健康(69%)」、「介護(自分自身)(52%)」が続く。性年代別に見ても「生活費や年金などのお金」はどの性年代も80%前後と高かった。一方で、「体力やケガ、病気などの健康」は男女ともに40代以上で高くなっており、加齢によって不安が顕在化する様子が見られた。

▼老後生活への不安(%)(全体n=1,000)

▼老後生活への不安内容 ※複数回答(%)※老後への不安あり

老後の生活に備えた取り組みを実施している、もしくは実施意向ありは90%。取り組みの開始時期は平均48歳

老後の生活に備えた取り組みについて、実施している、もしくは実施の意向があると回答した人は90%だった。内訳は、実際に「備えをしている」が31%、「備えをしたいが何もしていない」が59%となった。性年代別に見ると、高年代において「備えをしている」が高い傾向が見られた。特に男性60代が50%と高い。
また、備え意向がある方に取り組み開始時期を聴取したところ、平均値は48歳だった。男女ともに年代が高くなるほど、取り組み開始の年齢が高かった。

▼老後生活に備えた取り組みの実施(%)(全体n=1,000)

▼老後生活に備えた取り組みの開始時期(%)※老後に備えた取り組みの実施者もしくは意向者

老後の備えは資産構築が85%で最も高い。目標額は1,000万円以上が約50%

老後の生活に備えて取り組んでいる内容は、「貯蓄や投資など資産構築」が85%で突出して高い。性年代別に見ると、「定期的な健康診断や定期検診など」は男女ともに年代が高い層、「脳のトレーニング」は女性60代が高くなっていた。
「貯蓄や投資など資産構築」について、具体的に取り組んでいる手段と目標額を聴取した。具体的な手段では、「預貯金」が84%で最も高く、次いで「投資信託」「定期預貯金」がともに43%だった。また、目標額は「3,000万円以上」が20%で最も高く、次いで「2,000万円以上3,000万円未満(16%)」「1,000万円以上2,000万円未満(15%)」が続いており、合わせると「1,000万円以上」で50%以上となった。

▼老後生活に備えた取り組み内容 ※複数回答(%)※老後に備えた取り組みの実施者

▼老後に備えた資産構築に関する取り組み内容 ※複数回答(%)※貯蓄や投資など資産構築実施者

▼老後に備えた資産構築の目標額(%)(全体n=1,000)

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】
調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

【関連記事】
男女1,000人に聞いた老後への希望や不安と備え

リサーチはこちら
  • 3月 4, 2024

    魚介類の嗜好・喫食実態に関する調査

    #消費動向

    • 好意度・普段の喫食状況ともにトップのシャケ
    • 喫食シーンの多様さが食生活への定着の秘訣
  • 2月 26, 2024

    『観光における二重価格に関する調査』ラジオ番組「馬渕・渡辺の...

    #消費動向

    #生活者トレンド

    • 観光における二重価格を「知っている」(17.8%)、「聞いたことがある気がする」(24.4%)を合わせた認知率は42.2%
    • 全体の約6割が国内の観光業界における二重価格設定に「賛成」。60代では反対派が約半数
    • 国内の観光業界に二重価格が設定された場合、10代と20代の約半数で旅行意向が「高まる」
    • 国内の観光業界の二重価格による訪日客への影響を懸念する人が過半数。「多言語対応」「丁寧なおもてなし」が必要といった声が挙がる
  • 2月 14, 2024

    占いやパワースポットに関する調査

    #生活者トレンド

    • 10代と20代の約7割が、今年の運勢占いまたはおみくじの利用意向あり
    • 年代が低いほど運勢占いやおみくじへの信頼度が高い
    • 10代が占いやおみくじを利用する理由は「楽しみのため」が64.4%
    • TVドラマ『VIVANT』の聖地「出雲大社」が行きたいパワースポット1位

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ