• 生活者トレンド

2023-12-13

推し活消費に関する調査

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、10~60代の推し活経験者を対象に調査した「推し活消費に関する調査」(実施期間:2023年11月6日~11月10日)について、結果をご報告いたします。

調査結果詳細

調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年11月6日~11月10日
パネル:「Pontaリサーチ」会員
    (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象:国内在住10~60代の推し活経験者
有効回答数: 879名
※調査結果は小数点第2位を四捨五入しています
※「推し活」とは、特定のキャラクター・アーティスト・アイドル・スポーツ選手などをファンとして応援する行動を指します

約半数が、推し活をすることで「生活費への影響を感じている」

推し活をすることで、生活費に影響が出ているかを聴取した。「大きな影響がある」(12.6%)、「少し影響がある」(38.1%)を合わせると、50.7%が生活費への影響を感じていることが分かった。

▼推し活をすることで、生活費に影響が出ていますか?

推し活に関する支出で、後悔した経験は「ない」が約9割を占める

推し活に関する支出で、後悔した経験は「ない」が85.6%だった。少数派の「ある」(14.4%)の自由回答をテキストマイニングしたところ、全年代で「グッズを購入し過ぎた」や「飽きた」とのコメントが確認された。特徴として、若年層はお金の使い過ぎに関するコメントがあった一方、高年層は購入したグッズの置き場所や処分方法に関するコメントが多く見られた。

▼推し活に関する支出で、後悔した経験はありますか?

▼推し活に関する支出で、後悔した理由|年代別 (自由回答:n=127)

*UserLocal テキストマイニングで分析
*共起ネットワークにて表示(頻出単語の把握に加え、回答傾向が分類可能)。円の大きさは出現頻度の高さ、よく一緒に用いられる単語は同色、線の太さは単語同士の関連性の強さを示す

推しが広告に関わっている製品への興味は「高まる」が約3割

推しと直接関係のない製品に、推しが広告出演している場合や、CMソングなど何らかの形で関わっている場合、その製品に対する興味は高まるかを聴取した。約3割が「高まる」と回答した。

▼推しと直接関係ない製品の広告に推しが出演していた場合や、CMソングなど何らかの形で推しが関わっている場合、その製品に対する興味は高まりますか?

推しを連想できる「推し色グッズ」を購入したことがある人は24.2%

公式グッズを除いて、購入したことがある応援用のグッズや推し活グッズを複数回答で聴取した。「推し」を連想できるカラーを使った「推し色グッズ」(24.2%)の人気が最も高い。次いで「缶バッジ」(21.0%)、「アクリルキーホルダー」(20.4%)、「アクリルスタンド」(19.2%)が続いた。また「購入したことはない」が40.8%となり、半数以上が推し活グッズを購入していることが分かった。

▼公式グッズを除いて、購入したことがある応援用のグッズや推し活グッズ(上位10位まで表示) ※複数回答 (%) (n=879)

20代~40代の約4割が月額5,000円以上を推し活に使う

推し活に使う平均月額は、「1,000円~5,000円未満」が全体の32.7%で最も高い。年代別で見ると、20代~40代では支出額が上がり、約4割が月額5,000円以上使うことが確認された。

▼推し活に使う平均月額 (%)(n=879)

▼推し活に使う平均月額|年代別 (%)(n=879)

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】
調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

リサーチはこちら
  • 5月 27, 2024

    健康の維持・増進に関する食の意識調査ラジオ番組「馬渕・渡辺の...

    #ライフスタイル

    #消費動向

    • 約6割が、食生活で「健康に良い」とされるものにお金を使う。年代の高い層において意向が高い
    • 健康食を「意識している」は全体の65.0%。60代では69.6%
    • トクホおよび機能性表示食品の摂取頻度は20代が最も高く、およそ半数が摂取している
    • トクホや機能性表示食品に対して重視する効果は、「免疫力向上」がトップ。若年層では「睡眠の質向上」が高い
    • ラベル表示や説明の信頼度は「トクホ」が57.2%、「機能性表示食品」が49.1%
  • 5月 20, 2024

    仕事でのストレスに関する調査

    #ビジネス

    #生活者トレンド

    • 66.8%が仕事でのストレスを感じている。勤続年数を問わず、「1年未満」から「10年以上」までの全てで60%以上を占める
    • 年代が上がるほど「2年以上前」から続くストレスが高い一方、20代は「数週間前」の直近のストレスが高い
    • 20代では「ネットやSNSで気晴らしする」が24.0%で、他の年代より高い
    • 20代と60代は「業務内容」、30代は「業務量の多さ」、40代と50代は「上司や同僚との人間関係」がストレス原因のトップ
    • 現在の勤め先で、およそ半数がストレスによる心や体の不調を経験している
  • 4月 26, 2024

    『ゴールデンウイークの過ごし方に関する調査』ラジオ番組「馬渕...

    #生活者トレンド

    • 連休の間にある平日3日間の休暇予定者は各日約2割。最大10連休は少数派の見込み
    • ゴールデンウイークの予定は、1位「自宅で過ごす」(56.0%)、2位「近所・近場のおでかけ」(26.6%)、3位「日帰り旅行」(12.3%)
    • 自宅での過ごし方は、10~20代では「動画配信サービス視聴」、30~40代では「掃除・片付け」、50~60代では「テレビ番組視聴」がトップとなり、年代による違いが見られる
    • 近所での過ごし方は「ショッピング」「外食、カフェ」がそれぞれ5割を超える
    • 一緒に過ごしたい相手は、1位「家族」が約6割、2位「一人」が約3割

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ