• ライフスタイル
  • 生活者トレンド

2023-06-07

ラジオ番組「馬渕・渡辺の#ビジトピ」と共同調査
『節電・節ガスに関する調査』

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、10代以上の男女1,200名を対象に調査した「節電・節ガスに関する調査」(実施期間:2023年4月20日~4月24日)の結果をご報告いたします。本調査は、TOKYO FM「馬渕・渡辺の#ビジトピ」(毎週日曜6:00~6:30放送)との共同調査「馬渕・渡辺の#ビジトピ with Pontaリサーチ」として実施しました。

調査結果詳細

調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年4月20日~4月24日
パネル:「Pontaリサーチ」会員
    (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象:国内在住10代以上の男女
有効回答数:1,200名 ※性年代別に各100サンプル回収

節電・節ガスへの関心は71%と高い

節電や節ガスに対して「とても関心がある」27%、「やや関心がある」44%となり、合わせると71%が関心を持っている。

▼節電・節ガスへの関心

節電を実施した人は全ての年代で5割を超え、60代以上では約8割

値上がり傾向にある電気とガス料金に対し、自宅でどのような対応を行ったか聴取した。年代別では60代以上の81%が「節電に努めた」と回答しており、他の年代より高い。また、全ての年代で節電を実施している人が5割を超え、「何も対応していない」を大きく上回った。

▼電気・ガス料金値上げに対する自宅での対応(複数回答)

年代問わず、電気をこまめに消すこと、エアコンの温度を適切に設定することなどで節電を心掛けたい意向がうかがえる

心掛けたい節電・節ガス方法を自由回答で聴取し、回答内容をテキストマイニングした。大きく表示されている出現頻度の高い単語を見ると、名詞では「電気」「エアコン」「温度」など、動詞では「消す」「抜く」「切る」などのキーワードが目立つ。電気をこまめに消す、エアコンの温度設定を下げるという節電・節ガス方法に取り組みたいという意向がうかがえる。

▼心掛けたい節電・節ガス方法(自由回答:n=1,200)

*UserLocal テキストマイニングで分析
*WordCloudにて表示(出現数の多い単語を把握可能)。文字の大きさは出現頻度の高さ、単語の色は青色が名詞、赤色が動詞を示す(以下同じ)

年代別でみると、年代を問わず、電気を消すことやエアコンの適切な使用で節電を心掛けたいという様子がうかがえる。10代では「早く寝る」という回答もみられた。

 

▼心掛けたい節電・節ガス方法|年代別(自由回答:n=1,200)

*UserLocal テキストマイニングで分析
*共起ネットワークにて表示(頻出単語の把握に加え、回答傾向が分類可能)。円の大きさは出現頻度の高さ、よく一緒に用いられる単語は同色、線の太さは単語同士の関連性の強さを示す(以下同じ)

性別でみると、男女ともに電気の使用、エアコン、コンセント、ガスというキーワードが挙げられている。女性は男性に比べて料理やシャワーなどでの節電・節ガスを想起している。

 

▼心掛けたい節電・節ガス方法|性別(自由回答:n=1,200)

「料金が高くなった」と回答した人は電気代で84%、ガス代で69%

近年の自宅の電気料金について「とても高くなった」49%、「やや高くなった」35%となり、高くなったと回答した人の合計は84%だった。 ガス料金については「とても高くなった」35%、「やや高くなった」34%となり、高くなったと回答した人の合計は69%だった。

▼近年の自宅の電気・ガス料金について

【ラジオ番組「馬渕・渡辺の#ビジトピ」パーソナリティのコメント】

 

・馬渕磨理子氏(経済アナリスト)
今回の調査結果で、電気・ガスの値上がりは現役世代よりも60代以上への影響が大きいものとなっている。節約意識が高まるなかで夏を迎えるわけだが「我慢によってエアコンを付けない」ことによる体調への悪影響も懸念される。また、10代は「早く寝る」ことで節電を心掛けているとの声もある。経済再開に向かうなかでも電気代の値上げは消費行動の足かせになっている。

 

・渡辺広明氏(マーケティングアナリスト)
コロナが第5類に移行し4年目にしてリベンジ消費、特に旅行や外食などが活性化している。一方、世界的な資源高や円安もあり生活消費財の価格は今年も引き続き上がり続け、物価変動の影響を差し引いた実質賃金は厳しい環境が続きそうだ。
そんな状況を踏まえ国内はリベンジと節約のメリハリ消費が明確となっている。この調査からも分かるように、日々の生活の中での節電・節ガスは必要不可欠となっている。6月の電気料金値上げにより益々節約傾向が強まる事が予想され、その消費志向は他の消費にも大きな影響を与え個人消費の伸びが再び停滞する可能性も秘めているアンケート結果となっている。

 

■共同調査「馬渕・渡辺の#ビジトピ with Pontaリサーチ」について

2023年5月よりTOKYO FM「馬渕・渡辺の#ビジトピ」の提供スポンサーとしてLMが参画しています。「馬渕・渡辺の#ビジトピ with Pontaリサーチ」は、世の中の最新ニュースからパーソナリティの経済アナリスト 馬渕磨理子氏とマーケティングアナリスト 渡辺広明氏が生活者に調査したいトピックについて、LMが「Pontaリサーチ」で聴取する調査です。調査結果を番組内で紹介する他、LMのマーケティング紹介サイトのコラムで紹介しています。

 

■TOKYO FM「馬渕・渡辺の#ビジトピ」について

パーソナリティをつとめる経済アナリスト 馬渕磨理子氏とマーケティングアナリスト 渡辺広明氏が世の中の最新ニュースをそれぞれの視点で分かりやすく解説しています。ビジトピとは、“ビジネストピックス”の略! 30分ながら聴きするだけで、資産運用の話から、マーケティング用語、最新ヒット商品まですぐあなたの役に立つビジトピが身につきます。

 

放送日時 :日曜 6:00~6:30
出演者 :馬渕磨理子(経済アナリスト)、渡辺広明(マーケティングアナリスト)
番組HP :https://www.tfm.co.jp/biztopi/
AuDee :https://audee.jp/program/show/61907
Twitter :https://twitter.com/biztopi_tfm

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】
調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

お問い合わせ
  • 11月 27, 2023

    『物流の2024年問題に関する調査』ラジオ番組「馬渕・渡辺の...

    #生活者トレンド

    • 約6割がネット通販での商品購入時に、配送ドライバーの負担を「意識したことがある」
    • 配送ドライバーの負担を意識するようになった時期は、2018年より「もっと前から」がトップ
    • 配送ドライバーの負担軽減のため「在宅時間帯に配送を指定する」が71.5%、次いで「置き配を利用する」が37.0%
    • 「置き配」や「コンビニ受け取り」利用者へのポイント付与制度が始まれば「利用したい」は72.2%
    • 約半数が「ドライバーの労働環境の改善」を望んでいる。「物流の2024年問題」認知率は65.2%
  • 11月 21, 2023

    新NISA制度に関する調査

    #ライフスタイル

    #生活者トレンド

    • 新NISAの認知率は60.9%。うち現行NISA利用者の約7割が新NISAの「利用予定がある」
    • 新NISAで投資予定の月額は「10万円」が21.3%でトップ
    • NISA非利用者の新NISA利用の懸念点は、「利用方法が難しそう」が46.6%
    • 現行NISA利用率は27.8%。一方、「NISA口座を開設したが投資をしていない」が14.8%
  • 11月 17, 2023

    FIFA女子Wカップ開催後のWEリーグへの影響に関する調査

    #生活者トレンド

    • WEリーグの認知度は約6割だが、観戦経験は約3%と改善の余地あり
    • 「FIFA女子Wカップ」の認知率は7割、そのうち3割が今後WEリーグ観戦意向あり
    • 観戦同席者は「家族・親族」「友人・知人」が最も多いが、同席者ごとに今後の観戦意向をみると「職業関連」が高い
    • スタジアム観戦の動機は、スポーツ・クラブ・選手が好きであることの他、「臨場感があって楽しめること」

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ