• 生活者トレンド

2022-10-14

動画配信サービスに関する調査を実施

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティングは、20歳以上の男女1,000名を対象に「動画配信サービスに関する調査」を実施しました。 コロナ禍をきっかけに動画配信サービスの利用を始めた人や、視聴時間が増えた人は多いのではないでしょうか。秋の夜長に見たいコンテンツが見つかるかもしれません。 (実施期間:2022年8月20日~8月22日)

調査結果詳細

調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年8月20日~8月22日
パネル:「Pontaリサーチ」会員
    (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象:国内在住20歳以上の方
有効回答数:1,000名 ※性年代別に各100サンプル回収

動画配信サービスの利用者数トップは「Amazon Prime Video」、次いで「TVer」

利用している動画配信サービスは、「Amazon Prime Video」がトップ、次いで「TVer」であった。動画配信サービスの利用者を対象に、サービスのおすすめポイントを自由回答で聴取したところ、オリジナル制作のドラマやバラエティといった豊富なコンテンツ、コスパの良さ、見逃したテレビ番組を見ることができる利便性の高さを評価する声が多くあがった。

▼動画配信サービス利用者に聞いたおすすめポイント(自由回答一部抜粋:n=515)

「韓国ドラマ」への関心が最多

動画配信サービスでの注目作品を自由回答で聴取し、テキストマイニングで分析した。「韓国ドラマ」への関心が最も大きく、オリジナル制作のドラマやバラエティへの関心が特徴的であった。また、「見逃した作品を見たい」「好きな作品を見返したい」等、動画配信サービスならではの意見もみられた。

▼動画配信サービスでの注目作品・番組(自由回答:n=515)

*UserLocal テキストマイニングで分析
*WordCloudにて表示(出現数の多い単語を把握可能)。文字の大きさは出現頻度の高さ、単語の色は青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞を示す

「韓国ドラマ」「アニメ」は男女共通で関心がある

注目作を性別で分析したところ、「韓国ドラマ」「アニメ」は男女共通で関心があることが確認された。また、女性は男性に比べて「バチェラー」など恋愛番組への関心が高い。

*UserLocal テキストマイニングで分析
*共起ネットワークにて表示(頻出単語の把握に加え、回答傾向が分類可能)。円の大きさは出現頻度の高さ、よく一緒に用いられる単語は同色、線の太さは単語同士の関連性の強さを示す(以下同じ)

「韓国ドラマ」「アニメ」への関心の高さは世代共通

次に、注目作を世代別で分析した結果、「韓国ドラマ」「アニメ」への関心の高さは世代共通であることが確認された。家族揃って同じ作品を楽しむ人も多いのかもしれない。 20代においては、世界的な人気を誇るNetflixドラマ「ストレンジャーシングス」への関心が高い。

今回の調査では、動画配信サービスを利用している人は若年層が中心ではあるが、高年層のサブスク利用者も一定数いることが確認された。特に近年話題となっている配信プラットフォーム制作のドラマや映画、バラエティ番組といったオリジナル作品においては、外出の機会が増えた今後も世代問わず市場の期待性があると考えられる。

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】
調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

  • 4月 1, 2024

    『春夏の旅行需要に関する調査』ラジオ番組「馬渕・渡辺の#ビジ...

    #生活者トレンド

    • 全体の約4割に旅行意向があり、10代が最も高い
    • 行きたい旅行先は「国内」が半数を超える。旅行時期は夏休みシーズンの需要が高い
    • 希望の旅行相手は「家族」が全ての年代でトップ。10代では「友人」、20代では「恋人・パートナー」が他の年代より高い
    • 2泊以下の短期旅行が人気。ゴールデンウイークと夏休みの旅行の「予約はまだ」がそれぞれ8割以上
    • 旅行しない理由トップは「経済的な余裕がない」。旅行に代わる支出はなく、節約志向が伺える
  • 3月 27, 2024

    アイドルの推し活に関する調査

    #生活者トレンド

    • 推しの対象は、過去・現在ともに「アイドル」が1位
    • 人気トップは「J-POP男性アイドル」(46.0%)、次いで「J-POP女性アイドル」(34.0%)
    • 推し起用の広告によって購入した経験のある商品は、J-POP男性アイドル推しは「スイーツ・お菓子」、K-POP女性アイドル推しは「化粧品・美容商品」が多い
    • 音楽CDの購入理由は「イベント参加特典」「推しの売上ランキングを支える」。特にK-POPアイドルの推し活で高い
    • PERSONA+で見る価値観:アイドル推しは「我が道を行く自己陶酔タイプ」が多い傾向
  • 3月 18, 2024

    地方創生のための日本の祭り・イベントに関する基礎調査(1月~...

    #消費動向

    #生活者トレンド

    • 国民的認知度を誇る「さっぽろ雪まつり」はリピート率が課題
    • 「さっぽろ雪まつり」はネガ要因の寒さを逆手に取るイメージ戦略が求められる

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ