• ライフスタイル
  • 消費動向

2022-08-31

スーパー利用者9万人に聞いたお買い物に関する調査

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティングは、全国91,234名の男女を対象に「お買い物に関する調査」を実施しました。週3日以上夕食を自炊する、且つ月1回以上スーパーで夕食用のお買い物をする方を対象に、「スーパーへのお買い物で参考とするもの」「来店の決め手にしているもの」「夕食づくりでスーパーに期待している情報」を聴取した結果をご報告いたします。(実施期間:2022年7月28日~8月4日)

調査結果詳細

調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年7月28日~8月4日
パネル:「Pontaリサーチ」会員
    (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象:週3日以上夕食を自炊する
     且つ月1回以上スーパーで夕食用のお買い物をする方
有効回答数:本調査91,234サンプル

「折り込みチラシ」をお買い物の参考にしている人が35%でトップ

スーパーへのお買い物で、来店の参考にしているものを聴取したところ、「折り込みチラシ」を参考にしている人が35%と最も高くなった。年代別では、20~40代を中心に、「テレビ番組・CM」や「Webチラシサイト・アプリ」などのメディアを参考にする人が多い。10代・20代を中心に、SNSを普段のお買い物へ参考とする傾向もみられた。

若年層では「Webチラシサイト・アプリ」やSNSでの情報が来店に繋がっている

スーパーへのお買い物で、来店の決め手にしているものを聴取したところ、「折り込みチラシ」を決め手にしている人が25%と最も高くなった。年代別では、主に50代以上で「折り込みチラシ」が来店の決め手となっている。40代以下では「Webチラシサイト・アプリ」やSNSを来店の決め手にしている層が多く、年代により来店の決め手となる媒体が異なることが確認された。

「時短」「節約」を重視する若年層に対し、高年層は「旬の食材や健康レシピ」を求めている

夕食づくりでスーパーに期待している情報を聴取したところ、「簡単レシピ」と回答している人が37%と最も高くなった。年代別では、主に20~40代で、短時間で簡単にできる料理や「節約レシピ」を期待している。一方、60代以上を中心に食材やヘルシー料理に関する情報を期待しており、ライフスタイルの変化により、スーパーへ期待する情報にも違いがみられる。

今回のお買い物に関する調査では、年代によりお買い物のきっかけとなる情報が異なり、40代以下を中心にWebチラシやアプリ、SNSでの情報が来店に繋がっている傾向がみられた。スーパーへ期待する情報についても、短時間で簡単にできる料理や節約できる料理を期待しており、オンラインでの情報提供は主に子育て世代に効果的であるとみられる。

店舗サービスの課題・ニーズを把握する新サービス「Customer X」については、下記ボタンよりご確認いただけます。

Customer X

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】
調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

  • 5月 20, 2024

    仕事でのストレスに関する調査

    #ビジネス

    #生活者トレンド

    • 66.8%が仕事でのストレスを感じている。勤続年数を問わず、「1年未満」から「10年以上」までの全てで60%以上を占める
    • 年代が上がるほど「2年以上前」から続くストレスが高い一方、20代は「数週間前」の直近のストレスが高い
    • 20代では「ネットやSNSで気晴らしする」が24.0%で、他の年代より高い
    • 20代と60代は「業務内容」、30代は「業務量の多さ」、40代と50代は「上司や同僚との人間関係」がストレス原因のトップ
    • 現在の勤め先で、およそ半数がストレスによる心や体の不調を経験している
  • 4月 26, 2024

    『ゴールデンウイークの過ごし方に関する調査』ラジオ番組「馬渕...

    #生活者トレンド

    • 連休の間にある平日3日間の休暇予定者は各日約2割。最大10連休は少数派の見込み
    • ゴールデンウイークの予定は、1位「自宅で過ごす」(56.0%)、2位「近所・近場のおでかけ」(26.6%)、3位「日帰り旅行」(12.3%)
    • 自宅での過ごし方は、10~20代では「動画配信サービス視聴」、30~40代では「掃除・片付け」、50~60代では「テレビ番組視聴」がトップとなり、年代による違いが見られる
    • 近所での過ごし方は「ショッピング」「外食、カフェ」がそれぞれ5割を超える
    • 一緒に過ごしたい相手は、1位「家族」が約6割、2位「一人」が約3割
  • 4月 24, 2024

    世代別のお金の使い方に関する調査

    #消費動向

    #生活者トレンド

    • 毎月自由に使える金額は、Z世代の「3万円~5万円未満」が最も高い
    • 全世代で「旅行/観光」「外食/食事」にお金を使いたい意向が高い。若い世代ほど「貯金」「投資」の意向が高い
    • 今後保有したい金融資産は、「NISA」がZ・Y・X世代で約3割ずつと注目度が高い
    • 毎月の貯金額は、Z・Y・X世代で「3万円未満」が7割弱
    • 普段の買い物で利用頻度の高い支払い方法は、1位「クレジットカード」、2位「現金」

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ