• 生活者トレンド

2022-06-13

世界の有名企業が注目するメタバースについて調査

メタ(超越した)とユニバース(世界)を融合させた造語であるメタバースは、世界中でトレンドワードになっています。コミュニケーション、ショッピング、音楽ライブ、最新医療でも活用され始めている仮想空間サービス。今回は、全国18歳以上の男女1,000名を対象に「メタバースに関する調査」を実施した結果をご報告いたします。(Z世代を18歳~26歳、Y世代を27歳~42歳、X世代を43歳~57歳として調査。実施期間:2022年5月27日~5月31日)

調査結果詳細

調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年5月27日~5月31日
パネル:「Pontaリサーチ」会員
    (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象:18歳以上 男女 全国
有効回答数:1,000名 ※性世代別に各125サンプル回収
(Z世代を18歳~26歳、Y世代を27歳~42歳、X世代を43歳~57歳として調査)

仮想空間への関心は31%

仮想空間や仮想現実の世界に関心がある人は全体の31%であった。

メタバースの「認知計」は57%

メタバースを「知っている」が21%、「聞いたことはある」が36%となり、これらを合わせた「認知計」は57%であった。

メタバース利用経験者は17%、世代別ではZ世代で29%

メタバースに関心がある人に利用有無を聴取したところ、17%がメタバースの技術を使ったサービスを利用したことがあると回答した。世代別ではZ世代が29%で最も高い。

メタバース上で働きたい人は46%

メタバースに関心がある人に、「メタバース上で働くこと」について聴取したところ、関心がある人が46%となった。

世代別でみるとZ世代とY世代では54%となり、楽しむだけではなく働いて対価を得ることにも関心が高い。

関心トップは「オンラインゲーム」

関心があるメタバースのジャンルは、「オンラインゲーム」が37%でトップ。次いで「旅行体験、観光地、世界遺産」が29%でつづく。

Z世代とY世代の2割はNFTにも関心がある

メタバース上で安心してアイテムを取引できるNFT(非代替性トークン)への関心は、Z世代とY世代において2割を超える。

今回の調査では、メタバースの「認知計」は5割を超え、仮想空間で働くことへの関心も若い世代では5割を超える結果となった。
最後に、関心があるメタバース上での仕事を自由回答で聴取した。
世界の有名企業が巨額の投資をしたことでも話題になっているが、一般ユーザーの関心も高く、デジタルの世界で新たなビジネスチャンスが生まれている。

・バーチャルイベントの映像作成
・バーチャルイベントの出演者
・バーチャル建築士
・メタバース上の情報教育関連
・旅行ガイド
・営業
・販売

メタバースに関するコラムは下記ボタンよりご覧いただけます。
「お金が稼げる?いま話題のメタバースで生まれる仕事」

メタバースコラム

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】
調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

  • 11月 27, 2023

    『物流の2024年問題に関する調査』ラジオ番組「馬渕・渡辺の...

    #生活者トレンド

    • 約6割がネット通販での商品購入時に、配送ドライバーの負担を「意識したことがある」
    • 配送ドライバーの負担を意識するようになった時期は、2018年より「もっと前から」がトップ
    • 配送ドライバーの負担軽減のため「在宅時間帯に配送を指定する」が71.5%、次いで「置き配を利用する」が37.0%
    • 「置き配」や「コンビニ受け取り」利用者へのポイント付与制度が始まれば「利用したい」は72.2%
    • 約半数が「ドライバーの労働環境の改善」を望んでいる。「物流の2024年問題」認知率は65.2%
  • 11月 21, 2023

    新NISA制度に関する調査

    #ライフスタイル

    #生活者トレンド

    • 新NISAの認知率は60.9%。うち現行NISA利用者の約7割が新NISAの「利用予定がある」
    • 新NISAで投資予定の月額は「10万円」が21.3%でトップ
    • NISA非利用者の新NISA利用の懸念点は、「利用方法が難しそう」が46.6%
    • 現行NISA利用率は27.8%。一方、「NISA口座を開設したが投資をしていない」が14.8%
  • 11月 17, 2023

    FIFA女子Wカップ開催後のWEリーグへの影響に関する調査

    #生活者トレンド

    • WEリーグの認知度は約6割だが、観戦経験は約3%と改善の余地あり
    • 「FIFA女子Wカップ」の認知率は7割、そのうち3割が今後WEリーグ観戦意向あり
    • 観戦同席者は「家族・親族」「友人・知人」が最も多いが、同席者ごとに今後の観戦意向をみると「職業関連」が高い
    • スタジアム観戦の動機は、スポーツ・クラブ・選手が好きであることの他、「臨場感があって楽しめること」

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ