• ライフスタイル

2022-05-31

男女1,000人に聞いた自転車保険

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティングは、全国的に加入義務化が広まっている自転車保険をテーマとした「自転車保険に関する調査」(実施期間:2022年4月27日~4月28日)の結果をご報告いたします。

*数値は四捨五入による整数表示。このため一部合計値が一致しない箇所あり

調査結果詳細

調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年4月27日~4月28日
パネル:「Pontaリサーチ」会員
    (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象:国内在住20~60代の方
有効回答数:1,000名 ※性年代ごとに各100サンプル回収

在住エリアにおける「自転車保険の義務化」の認知は6割以上

世帯内で自転車利用者の有無を聴取した所、いずれかの人物が利用している「世帯利用率」は60%であった。
次に、自身が住んでいるエリアにおける自転車保険の義務化の認知状況を聴取した。
自転車利用有無を問わず全体では「詳しく知っている」が19%、「何となく知っている」が45%となり、これらを合わせた「認知計」は64%であった。また、自転車利用世帯に絞ると「認知計」は73%となった。

▼世帯利用率

▼「在住エリアにおける自転車保険の義務化」認知有無

義務化の周知は加入を促進する

自転車利用者世帯における自転車保険への加入実態を聴取した。
「加入している(≒加入率)」は57%、「加入していないが、今後加入したい」が23%で、これらを合わせた「加入+意向あり」層は8割程度となった。
加入率を義務化認知状況別にみると、「詳しく知っている」層82%に対し、「何となく知っている」層では58%、「知らない」は33%と大きな差が見られた。
また、「加入+意向あり」層は加入意向が無い層に比べて、世帯内で「配偶者」「子供/孫」の自転車利用率が高く、これらの続柄のために加入している様子が読み取れる。

▼自転車保険加入実態

▼世帯内利用者【自転車保険加入有無別】

他の保険とのセット販売が加入を促進する

加入理由(加入意向者は加入したい理由)を聴取した所、「義務化されているので」「事故に巻き込まれる不安があるので」「事故を起こす不安があるので」がいずれも半数程度で上位に並ぶ。
次いで、「他の保険とセットで加入できるので」が16%と、セット加入が自転車保険の加入を後押ししていると推察され、加入意向者(2%)に比べて現加入者(22%)における割合が高い。

▼加入(したい)理由

▼加入(したい)理由【加入実態別】

非加入理由は「義務ではない」「サービス・プランがない」「お金がない」が上位

加入したくない理由を聴取した所、「義務化されていないので」が33%と最も高く、次いで、「自分に合ったサービスやプランが無いので」「お金が無いので」が20%で続く。

▼加入したくない理由

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】
調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

 

【追加レポートにつきまして】
本資料に記載した内容のクロス集計表もございます。
ご希望の方は、以下お問い合わせボタンよりお問い合わせください。

お問い合わせ
  • 8月 2, 2022

    若年層ほど美白意識が高い?世代別の日焼けに関する調査

    #生活者トレンド

    • Z世代女性の5割以上が「絶対日焼けしたくない」
    • α世代(小学生以下)のお子様に「日焼けさせたくない」親は約6割
    • 「日傘男子」抵抗感がある男性は約5割
  • 7月 29, 2022

    Withコロナにおける国内・海外旅行の需要を調査

    #コロナ

    #生活者トレンド

    • 今年の夏は34%が旅行予定があると回答しており、「近距離旅行」の需要がうかがえる
    • 年内の旅行意向は71%。旅行先は国内旅行が多く、海外旅行はまだ需要回復の兆しは見られず
  • 7月 11, 2022

    外す?外さない?夏のマスク事情を調査

    #コロナ

    • 緩和されても「外さない派」がわずかに多い
    • 「周りの人が外しても自分はマスクを外さない」は5割を超える
    • マスクを外したい理由は「熱中症の心配」と「息苦しい」

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ