• ライフスタイル

2022-04-26

小中学生の頃に震災に接したZ世代の防災意識とは?

東日本大震災から11年。小中学生の頃に震災に接したZ世代と、その上の世代では防災意識にどういった差があるのでしょうか。今回は、全国18歳以上の男女1,000名を対象に「世代別の防災意識調査」を実施した結果をご報告いたします。(Z世代を18歳~25歳、Y世代を26歳~41歳、X世代を42歳~56歳として調査。実施期間:2022年2月21日~2月24日)

調査結果詳細

調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年2月21日~2月24日
パネル:「Pontaリサーチ」会員
    (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象:18歳以上 男女 全国
有効回答数:1,000名 ※性世代別に各125サンプル回収
(Z世代を18歳~25歳、Y世代を26歳~41歳、X世代を42歳~56歳として調査)

普段、「テレビ」からニュースの情報を得る人が全体の67.5%

一方、Z世代では「SNS」が64.4%でトップ、次いで「YouTube」が60%。「テレビ」はZ世代の3位で48.8%。

災害発生時においても、「テレビ」で緊急情報を確認する人が全体の66.2%で最も多い。
一方、Z世代では災害発生時でも「SNS」が58%でトップ、次いで「テレビ」が47.2%。

災害への備えは、全体の半数以上が「不十分である」と回答している

一方、「全く備えていない」 はY世代とX世代に多く27.2%。Z世代の22.8%を上回る。

高年層ほど「避難場所の確認」「ハザードマップの確認」「家具の転倒・落下対策」の実施率が高い。

災害への備えとして、すでに実施していることは、「日用品・水・食料品などの備蓄」が全世代で最も多い。また、「今後強化したいこと」においても、「防災グッズの購入」「モバイルバッテリーの携帯」を意識する人が高年層で高い傾向にある。

Z世代の親世代にあたるX世代は「ボランティア活動や寄付の経験はない」人が68.8%でトップ

全体の62.8% が「ボランティア活動や、寄付の経験はない」と回答している。一方、「地域のボランティア活動」においては、高年層の22.4%に次いでZ世代が21.2%。

加入している損害保険は、「自動車保険」が48.9%でトップ。 次いで「火災保険・建物への補償」「火災保険・家財への補償」「地震保険」がつづく。

今回の調査では、災害への備えとボランティア活動共に高年層が最も意識が高い結果になった。Z世代においては、高年層に次いでボランティア意識が高い。震災後に社会問題の教育を受けて育った背景があるからかもしれない。最後に、過去の災害から学んだことをZ世代に自由回答で聞いてみた。

・変にネットの情報を鵜呑みにしない

・ボランティアを積極的にしていきたい

・避難訓練では本当の火災だと想像しながら訓練した

・災害が起きても慌てないこと

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】

調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

  • 7月 8, 2024

    15万人のPonta会員に聴いた 観光地の満足度に関する調査

    #消費動向

    #生活者トレンド

    • 歴史・文化的名所として満足度TOP3は 平泉、宮島、出雲
    • 温泉・リゾートを楽しめる満足度TOP3は、草津、黒川、有馬
    • 体験型の自然を楽しめる満足度TOP3は、屋久島、石垣島、宮古島
    • 美味しいものを食べられる満足度TOP3は、函館、福岡、小樽
    • 「おすすめしたい」を最も高める要素は美味しいものへの満足度
  • 7月 1, 2024

    カスタマーハラスメントに関する調査 ラジオ番組「馬渕・渡辺の...

    #生活者トレンド

    • 約4割がカスハラを受けた経験あり。うち8割以上が「威圧的な言動」、5割が「精神的な攻撃」を受ける
    • カスハラを受け「精神的なストレスを感じた」が77.2%。「転職」「休職」「異動・転勤の希望を出した」が合わせて約2割
    • 「自分の言動がカスハラかも」と加害を自覚したことのある人は20.4%。40代男性(32.0%)が最も高く、次いで60代男性(27.0%)
    • カスハラが明確に禁止されるようになった場合、7割以上が抑止効果に期待
    • カスハラ目撃率は65.3%。目撃場所1位は「小売店舗」、2位は「レストランやカフェ」、3位は「役所の窓口」
  • 6月 26, 2024

    料理のコスパ・タイパに関する調査

    #生活者トレンド

    • 年代が上がるほど「毎日」料理をする割合が高く、女性のおよそ半数。男性は約2割にとどまる
    • 夕食でコスパがよいと感じる価格は、内食・外食ともに一人当たり「500~1000円未満」が最も高い
    • 料理にかかる時間は「30分以内」、外食の際に待てる時間は注文から「20分以内」がトップ
    • 料理のタイパを上げる方法は「シンプルなレシピを選ぶ」が約6割で最多。「事前の下ごしらえ」や「冷凍食品」「調理器具」の活用が約2割
    • タイパを上げるために、約7割が「週に数回以上」冷凍食品を利用している

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ