• コロナ

2022-01-31

感染急拡大前の生活者の行動を調査

全国20歳以上の男女1,000名を対象に「忘年会・新年会に関する調査」を実施しました。オミクロン株の感染が急拡大し、多くの地域でまん延防止等重点措置が適用されています。クリスマス、年末年始、成人式などで感染が拡大したとの専門家の提言がありますが、今回は忘年会と新年会の実施状況を聴取し、マスク会食、参加者同士でのワクチン接種状況の会話や確認、またコロナ関連アプリの普及率等、感染急拡大前の生活者の行動を調査しました。(実施期間:2022年1月12日~1月17日)

調査結果詳細

調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年1月12日~1月17日
パネル:「Pontaリサーチ」会員
    (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象:20歳以上 男女 全国
有効回答数:1,000名 ※性年代別に各100サンプル回収

忘年会または新年会、「開催されなかった」が全体の70%を超える

一方、「参加した」人は忘年会で16.6%、新年会は10.9%。

▼忘年会または新年会参加状況

開催場所は飲食店が66%。利用人数は「8人以内」が79%

開催場所においては、飲食店が全体の66%。次いで個人宅が12%。開催人数は「3~4人」が31%でトップ。 全体の79%が「8人以内」と回答している。東京都においては、12月1日~1月10日まで1グループ8人までの利用人数の協力を認証店に求めていた。

▼開催場所と開催人数

「マスク会食をした」人は54%

一方、「マスク会食をしなかった」人は45%。「マスク会食を知らない」人は1%で、認知率は高い。また、「新型コロナウイルスのワクチン接種をしたか参加者同士で会話したり確認した」人は64%。警戒心で相手のワクチン接種状況を聞いたり、または話のネタとして話題にあがった人は多い様子。

▼マスク会食実施状況と、新型コロナのワクチン接種をしたか参加者同士で会話したり確認したか

全体の67.3%がコロナ関連アプリを「インストールしていない」

コロナ関連アプリは、全体の67.3%が「インストールしていない」と回答している。12月20日から運用開始された「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」のインストールは全体の10.2%。 COCOA(新型コロナウイルス接触確認アプリ)のインストールは20代が最も多く28%。

▼コロナ関連アプリのインストール状況

今回の調査結果から、マスク会食をした人は半数を超えるものの、45%がマスクなしで会食をしていたことが確認できた。濃厚接触者の定義は、1メートル程度の距離で15分以上マスクなしの接触とされているので、命と生活を守るために今日からでもリスクの高い場面を減らす行動を心掛けたい。

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】
調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

  • 5月 20, 2024

    仕事でのストレスに関する調査

    #ビジネス

    #生活者トレンド

    • 66.8%が仕事でのストレスを感じている。勤続年数を問わず、「1年未満」から「10年以上」までの全てで60%以上を占める
    • 年代が上がるほど「2年以上前」から続くストレスが高い一方、20代は「数週間前」の直近のストレスが高い
    • 20代では「ネットやSNSで気晴らしする」が24.0%で、他の年代より高い
    • 20代と60代は「業務内容」、30代は「業務量の多さ」、40代と50代は「上司や同僚との人間関係」がストレス原因のトップ
    • 現在の勤め先で、およそ半数がストレスによる心や体の不調を経験している
  • 4月 26, 2024

    『ゴールデンウイークの過ごし方に関する調査』ラジオ番組「馬渕...

    #生活者トレンド

    • 連休の間にある平日3日間の休暇予定者は各日約2割。最大10連休は少数派の見込み
    • ゴールデンウイークの予定は、1位「自宅で過ごす」(56.0%)、2位「近所・近場のおでかけ」(26.6%)、3位「日帰り旅行」(12.3%)
    • 自宅での過ごし方は、10~20代では「動画配信サービス視聴」、30~40代では「掃除・片付け」、50~60代では「テレビ番組視聴」がトップとなり、年代による違いが見られる
    • 近所での過ごし方は「ショッピング」「外食、カフェ」がそれぞれ5割を超える
    • 一緒に過ごしたい相手は、1位「家族」が約6割、2位「一人」が約3割
  • 4月 24, 2024

    世代別のお金の使い方に関する調査

    #消費動向

    #生活者トレンド

    • 毎月自由に使える金額は、Z世代の「3万円~5万円未満」が最も高い
    • 全世代で「旅行/観光」「外食/食事」にお金を使いたい意向が高い。若い世代ほど「貯金」「投資」の意向が高い
    • 今後保有したい金融資産は、「NISA」がZ・Y・X世代で約3割ずつと注目度が高い
    • 毎月の貯金額は、Z・Y・X世代で「3万円未満」が7割弱
    • 普段の買い物で利用頻度の高い支払い方法は、1位「クレジットカード」、2位「現金」

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ