• 消費動向
  • 生活者トレンド

2021-12-24

Z世代のファッションに関する調査

全国18~56歳の男女1,020名を対象に「ファッションに関する調査」を実施しました。まもなく新年を迎え、初売りや福袋、バーゲンセールが始まります。一般的には財布の紐が緩む時期とされていますが、次世代を担うZ世代はファッションにおいてどういった消費意識があるのでしょうか。今回は、Z世代を18歳~25歳、Y世代を26歳~41歳、X世代を42歳~56歳として、ファッションの世代別消費意識を調査しました。(実施期間:2021年12月9日~12月13日)

調査結果詳細

調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年12月9日~12月13日
パネル:「Pontaリサーチ」会員
    (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象:18~56歳 男女 全国
有効回答数:1,020名 ※性世代別に各170サンプル回収
(Z世代を18歳~25歳、Y世代を26歳~41歳、X世代を42歳~56歳として調査)

Z世代女性60%、男性45.9%が福袋購入経験あり

福袋は女性の購入者が多く、全世代で6割を超えている。 Z世代では女性60%、男性45.9%が福袋購入経験ありと回答。衝動買いをあまりしないとされるZ世代にとっても、福袋は魅力的な様子。

▼福袋購入経験

バーゲンセールにおいてリベンジ消費は控えめの予測

Z世代女性はバーゲンセールでの購入意向が全世代で最も高いが、予算は低めの「1万円未満」と回答した人が42.9%。Z世代男性は今季のバーゲンセールで購入意向がない人が最も多く38.8%。全体的にもコロナ影響で抑えていた消費の反動、いわゆるリベンジ消費はバーゲンセールにおいては控えめになる予測。

▼今季バーゲンセールの自分用洋服代予算

価格に敏感で、高望みしない現実重視なZ世代女性

Z世代女性は、おトクになるタイミングを「意識する」が全世代で最も高い50%。また、ハイブランドよりも低価格で購入しやすいブランド・ショップを好み、トレンドを意識しつつも価格に敏感な様子がうかがえる。

▼セールなど、おトクになるタイミングを意識して買い物をしますか

▼Z世代女性

無駄遣いは控え、時には背伸びするZ世代男性

Z世代男性は、「普段購入するブランド・ショップ」は低価格帯がメインであるが、同世代の女性と比較するとハイブランドにも興味があり、欲しいものは高くても購入する傾向がある。

▼Z世代男性

2022年の福袋は「買わない」が5割超え

全体では2022年の福袋は「買わない」と回答した人が5割を超える。 全世代で女性の購入意向が男性よりも高い。 また、Z世代においても「お菓子・スイーツ系」「ファッション系」の購入意向が見られる。

▼2022年福袋購入予定

Z世代のジェンダーレス意識は7割を超える

全体の65.1%が「女性用・男性用関係なく、自分の気に入ったものを身につけたいと思う」と回答。世代別で見ると、Z世代では7割を超えており、ジェンダーレス意識が最も高い。

▼女性用・男性用関係なく、自分の気に入ったものを身につけたいと思われますか

本調査において、同じZ世代でも性別によってファッションの消費意識の違いが見られた。 消費に保守派なZ世代女性は、セールに関心があり福袋もおトクだと思えば購入していることが確認できた。また、高級ブランド品への憧れは、親世代にあたるX世代と比べると特に女性で低い傾向にあり、これからの世界を支えていく世代は堅実な消費意識がうかがえる結果となった。

【参考情報】
▼X世代女性

▼X世代男性

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】
調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

  • 7月 8, 2024

    15万人のPonta会員に聴いた 観光地の満足度に関する調査

    #消費動向

    #生活者トレンド

    • 歴史・文化的名所として満足度TOP3は 平泉、宮島、出雲
    • 温泉・リゾートを楽しめる満足度TOP3は、草津、黒川、有馬
    • 体験型の自然を楽しめる満足度TOP3は、屋久島、石垣島、宮古島
    • 美味しいものを食べられる満足度TOP3は、函館、福岡、小樽
    • 「おすすめしたい」を最も高める要素は美味しいものへの満足度
  • 7月 1, 2024

    カスタマーハラスメントに関する調査 ラジオ番組「馬渕・渡辺の...

    #生活者トレンド

    • 約4割がカスハラを受けた経験あり。うち8割以上が「威圧的な言動」、5割が「精神的な攻撃」を受ける
    • カスハラを受け「精神的なストレスを感じた」が77.2%。「転職」「休職」「異動・転勤の希望を出した」が合わせて約2割
    • 「自分の言動がカスハラかも」と加害を自覚したことのある人は20.4%。40代男性(32.0%)が最も高く、次いで60代男性(27.0%)
    • カスハラが明確に禁止されるようになった場合、7割以上が抑止効果に期待
    • カスハラ目撃率は65.3%。目撃場所1位は「小売店舗」、2位は「レストランやカフェ」、3位は「役所の窓口」
  • 6月 26, 2024

    料理のコスパ・タイパに関する調査

    #生活者トレンド

    • 年代が上がるほど「毎日」料理をする割合が高く、女性のおよそ半数。男性は約2割にとどまる
    • 夕食でコスパがよいと感じる価格は、内食・外食ともに一人当たり「500~1000円未満」が最も高い
    • 料理にかかる時間は「30分以内」、外食の際に待てる時間は注文から「20分以内」がトップ
    • 料理のタイパを上げる方法は「シンプルなレシピを選ぶ」が約6割で最多。「事前の下ごしらえ」や「冷凍食品」「調理器具」の活用が約2割
    • タイパを上げるために、約7割が「週に数回以上」冷凍食品を利用している

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ