• コロナ
  • ライフスタイル
  • 消費動向

2021-12-16

全国5,000人に聞いたWithコロナの食業界と食スタイル

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(以下「LM」)は、コロナ禍の食品リテールの利用実態や料理、健康の意識の変化を聴取した「食品リテールに関する消費者意識調査」(実施期間:2021年10月27日~11月4日)の結果をご報告いたします。

調査結果詳細

調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年10月27日~11月4日
パネル:「Pontaリサーチ」会員
    (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象:国内在住20~60代の方
有効回答数:5,000名

習慣化する自炊生活により、「スーパー」「ネットショッピング」などの利用が高まる

1年前と比べた利用頻度の増減では、「スーパーマーケット」「ネットショッピング」「テイクアウト/持ち帰り」の利用頻度が高まった人が多い。外出自粛などで、自宅での食事機会が続いたことで自炊が習慣化していると考えられ、スーパーやネットショッピングの需要は継続していくと予測される。 一方で「店内飲食」は利用が減った人が47%と、まだ回復の兆しはみられていない。

▼業態別利用頻度の増減(対1年前比較)

食を通した健康や素材への関心など、食意識が高まる60代以上女性

食事に関する変化を聴取したところ、全体的に1年前と比べて「栄養を意識」「素材の安全性」「旬のもの」など、食材への関心が高まっていた。これらの項目を性年代別でみると、特に60代以上女性の関心が高くなっている。自炊生活が続いていることで、食を通した健康や素材への関心など食意識が高まっていると考えられる。

▼食事に関する変化(対1年前比較)

▼性年代別の食事に関する変化(対1年前比較)

自炊生活に苦労している傾向の20~40代女性

料理をしている人に料理に関する変化を聴取したところ、20~40代女性では「献立を考えるのが面倒になった」「何を作っていいかよくわからなくなった」といった回答が高くなっており、自炊生活に苦労している様子がうかがえる。また、20~40代女性において、食事に関する変化をみると、「市販の冷凍食品を使うことが増えた」「市販の加工食品を使うことが増えた」「でき合いのものはそのまま食べている」といった回答が高くなっている。今後も自炊生活が続いた場合、料理に対する負担感を軽減する食品のニーズは高まるのではないかと予測できる。

▼性年代別の料理に関する変化 ※料理実施者ベース

▼性年代別の食事に関する変化

【詳細レポートにつきまして】
本資料に記載した内容に加えて、下記の内容も併せて聴取しています。また、昨年も同様の調査を実施しており、時系列データもございます。
詳細な分析レポートをご希望の方は、下記ボタンよりお問い合わせください。

 

・業態別の利用実態
・スーパーマーケットの種類別利用実態
・テイクアウト・食品デリバリーに期待すること
・業態別の購入食品や食材
・業態別のより充実させてほしい食品や食材
・業態別の利用理由
・食品や食材別のメーカーや小売りへの要望
・食事や食材を購入する方法
・料理に関する意識
・食事に関する意識
・食事に関する困りごと
・健康状態
・健康に関する対策

 

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】
調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

お問い合わせ
  • 7月 8, 2024

    15万人のPonta会員に聴いた 観光地の満足度に関する調査

    #消費動向

    #生活者トレンド

    • 歴史・文化的名所として満足度TOP3は 平泉、宮島、出雲
    • 温泉・リゾートを楽しめる満足度TOP3は、草津、黒川、有馬
    • 体験型の自然を楽しめる満足度TOP3は、屋久島、石垣島、宮古島
    • 美味しいものを食べられる満足度TOP3は、函館、福岡、小樽
    • 「おすすめしたい」を最も高める要素は美味しいものへの満足度
  • 7月 1, 2024

    カスタマーハラスメントに関する調査 ラジオ番組「馬渕・渡辺の...

    #生活者トレンド

    • 約4割がカスハラを受けた経験あり。うち8割以上が「威圧的な言動」、5割が「精神的な攻撃」を受ける
    • カスハラを受け「精神的なストレスを感じた」が77.2%。「転職」「休職」「異動・転勤の希望を出した」が合わせて約2割
    • 「自分の言動がカスハラかも」と加害を自覚したことのある人は20.4%。40代男性(32.0%)が最も高く、次いで60代男性(27.0%)
    • カスハラが明確に禁止されるようになった場合、7割以上が抑止効果に期待
    • カスハラ目撃率は65.3%。目撃場所1位は「小売店舗」、2位は「レストランやカフェ」、3位は「役所の窓口」
  • 6月 26, 2024

    料理のコスパ・タイパに関する調査

    #生活者トレンド

    • 年代が上がるほど「毎日」料理をする割合が高く、女性のおよそ半数。男性は約2割にとどまる
    • 夕食でコスパがよいと感じる価格は、内食・外食ともに一人当たり「500~1000円未満」が最も高い
    • 料理にかかる時間は「30分以内」、外食の際に待てる時間は注文から「20分以内」がトップ
    • 料理のタイパを上げる方法は「シンプルなレシピを選ぶ」が約6割で最多。「事前の下ごしらえ」や「冷凍食品」「調理器具」の活用が約2割
    • タイパを上げるために、約7割が「週に数回以上」冷凍食品を利用している

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ