• コロナ
  • ライフスタイル

2021-11-30

年末年始の帰省に関する調査

全国20歳以上の男女1,100名を対象に「年末年始の帰省に関する調査」を実施しました。全国的に感染状況が減少傾向にあった10月下旬に、今年の年末年始の帰省予定を聴取。直近3年の帰省状況についても聴取し、コロナ前後でどのように変化があったかを比較しています。(実施期間:2021年10月25日~10月27日)

調査結果詳細

調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年10月25日~10月27日
パネル:「Pontaリサーチ」会員
    (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象:20歳以上 男女 全国
有効回答数:1,100名 ※性年代別に各110サンプル回収

今年帰省する予定と回答した人は約6割

コロナ前は全体の7割以上が帰省していたが、コロナ禍の昨年末では5.5割に落ち込み、今年の予定は約6割にとどまった。すべての年代で、コロナ前の帰省状況を下回る結果に。60代以上においては、今年の帰省予定がコロナ前より半減している。

▼年末年始の帰省状況(コロナ前~今年の予定)

感染状況が好転してもコロナ前の8割までしか戻らない

コロナの感染状況が減少傾向にあっても、人流のニューノーマルラインが平時の7割までしか回復していないとされているが、年末年始の帰省状況においてもコロナ前の8割までしか戻らないことが確認できた。新しい生活様式に対応し、混雑する年末年始の帰省には慎重な様子がうかがえる。

帰省理由1位は「近距離」、2位は「ワクチン接種」

今年の年末年始に帰省する理由は「帰省先が距離的に近いから」が6割でトップ、次いで「新型コロナのワクチンを2回接種したから」が4割で続く。

▼今年の年末年始に帰省する理由

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】

調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

  • 4月 1, 2024

    『春夏の旅行需要に関する調査』ラジオ番組「馬渕・渡辺の#ビジ...

    #生活者トレンド

    • 全体の約4割に旅行意向があり、10代が最も高い
    • 行きたい旅行先は「国内」が半数を超える。旅行時期は夏休みシーズンの需要が高い
    • 希望の旅行相手は「家族」が全ての年代でトップ。10代では「友人」、20代では「恋人・パートナー」が他の年代より高い
    • 2泊以下の短期旅行が人気。ゴールデンウイークと夏休みの旅行の「予約はまだ」がそれぞれ8割以上
    • 旅行しない理由トップは「経済的な余裕がない」。旅行に代わる支出はなく、節約志向が伺える
  • 3月 27, 2024

    アイドルの推し活に関する調査

    #生活者トレンド

    • 推しの対象は、過去・現在ともに「アイドル」が1位
    • 人気トップは「J-POP男性アイドル」(46.0%)、次いで「J-POP女性アイドル」(34.0%)
    • 推し起用の広告によって購入した経験のある商品は、J-POP男性アイドル推しは「スイーツ・お菓子」、K-POP女性アイドル推しは「化粧品・美容商品」が多い
    • 音楽CDの購入理由は「イベント参加特典」「推しの売上ランキングを支える」。特にK-POPアイドルの推し活で高い
    • PERSONA+で見る価値観:アイドル推しは「我が道を行く自己陶酔タイプ」が多い傾向
  • 3月 18, 2024

    地方創生のための日本の祭り・イベントに関する基礎調査(1月~...

    #消費動向

    #生活者トレンド

    • 国民的認知度を誇る「さっぽろ雪まつり」はリピート率が課題
    • 「さっぽろ雪まつり」はネガ要因の寒さを逆手に取るイメージ戦略が求められる

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ