• 消費動向
  • 生活者トレンド

2021-09-16

メンズコスメの市場実態に関する調査

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(以下「LM」)は、メンズコスメ(化粧水/日焼け止め)の市場実態を聴取した「メンズコスメの市場実態に関する調査」(実施期間:2021年7月26日~7月29日)の結果をご報告いたします。

調査結果詳細

調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年7月26日~7月29日
パネル:「Pontaリサーチ」会員
    (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象:化粧水もしくは日焼け止めを使用している20~60代の男女
有効回答数:1,000名

メンズコスメの化粧水市場

化粧水市場は拡大の余地あり

男性全体における化粧水の使用率は35%となった。現在は未使用だが今後使用意向がある層は9%を占めており、今後拡大の余地がある潜在的な市場であるとうかがえる。また、未使用者への推奨意向について、男性・女性ともに聴取したところ、推奨意向がある層は男性は16%、女性は35%となった。男性の化粧水市場の拡大には、現使用者からの推奨を告知に活用する方法が考えられる。

 

▼化粧水の市場実態

※「未使用者への推奨意向」は、推奨相手の性別に関わらず聴取しています
※ 上図は割合のグラフではなく、市場実態を図式化したものです

「男女兼用」「コスパ」がメンズ化粧水において差別化のカギ

男性が化粧水に求める特性において、魅力品質は「男女どちらにも合う」「内容量の多さ」「低価格」、一元的品質は「保湿力」「低刺激」「自分の肌に合う」、当たり前品質は「保湿力」「カサつき・乾燥を防ぐ」、無関心品質は「無香料」「化粧ノリの良さ」「オシャレなデザイン」などであった。男性は保湿力や自分の肌に合うことを求める声は多いが、その他の「毛穴引き締め」「ニキビ・吹き出物予防」などの機能を求める声は女性に比べて少ない。魅力品質の「男女兼用」「コスパ」が、メンズ化粧水市場において差別化の要因になってくると考えられる。

 

▼男性が化粧水に求める特性

メンズコスメの日焼け止め市場

日焼け止め市場も拡大の余地あり

男性全体における日焼け止めの使用率は35%となった。現在は未使用だが今後使用意向がある層は14%を占めており、化粧水だけでなく日焼け止めも今後拡大の余地がある潜在的な市場であるとうかがえる。また、未使用者への推奨について、男性・女性ともに聴取したところ、推奨意向がある層は男性は16%、女性は35%となっており、メンズ日焼け止め市場の拡大にも現使用者からの推奨を告知に活用する方法が考えられる。

 

▼日焼け止めの市場実態

※「未使用者への推奨意向」は、推奨相手の性別に関わらず聴取しています
※ 上図は割合のグラフではなく、市場実態を図式化したものです

「効果の持続性」「全身使用」「コスパ」がメンズ日焼け止めにおいて差別化のカギ

男性が日焼け止めに求める特性において、魅力品質は「効果の持続性」「無添加」「べたつかない」「どの部位にも使える」「内容量の多さ」「低価格」、一元的品質は「UVカット効果の高さ」「低刺激」「自分の肌に合う」「効果の持続性」、当たり前品質は「UVカット効果の高さ」、無関心品質は「無香料」「テカりにくさ」「オシャレなデザイン」などであった。男性は日焼け止めのメイン機能であるUVカット効果の高さや肌への負担の低さを求める声は大きいが、その他の「洗い落としやすさ」「香り」などの機能を求める声は女性に比べて少ない。魅力品質の「効果の持続性」「肌に合うなど、肌への負担の低さ」「全身使用」「コスパ」がメンズ日焼け止め市場において差別化の要因になってくると考えられる。

 

▼男性が日焼け止めに求める特性

【参考】魅力品質、一元的品質、当たり前品質、無関心品質とは
「化粧水」「日焼け止め」において、充足時と未充足時の回答結果を使い、製品に求められる品質を整理する「狩野モデル」を使用し分類を行った。

 

▼モデル分類に使用した回答

▼品質の整理分類

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】
調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

 

【追加レポートにつきまして】
本資料に記載した内容に加えて、下記の内容も併せて聴取しています。
-ブランド別認知・仕様実態
-ブランドのイメージ
-ブランド別ロイヤリティ

お問い合わせ
  • 7月 8, 2024

    15万人のPonta会員に聴いた 観光地の満足度に関する調査

    #消費動向

    #生活者トレンド

    • 歴史・文化的名所として満足度TOP3は 平泉、宮島、出雲
    • 温泉・リゾートを楽しめる満足度TOP3は、草津、黒川、有馬
    • 体験型の自然を楽しめる満足度TOP3は、屋久島、石垣島、宮古島
    • 美味しいものを食べられる満足度TOP3は、函館、福岡、小樽
    • 「おすすめしたい」を最も高める要素は美味しいものへの満足度
  • 7月 1, 2024

    カスタマーハラスメントに関する調査 ラジオ番組「馬渕・渡辺の...

    #生活者トレンド

    • 約4割がカスハラを受けた経験あり。うち8割以上が「威圧的な言動」、5割が「精神的な攻撃」を受ける
    • カスハラを受け「精神的なストレスを感じた」が77.2%。「転職」「休職」「異動・転勤の希望を出した」が合わせて約2割
    • 「自分の言動がカスハラかも」と加害を自覚したことのある人は20.4%。40代男性(32.0%)が最も高く、次いで60代男性(27.0%)
    • カスハラが明確に禁止されるようになった場合、7割以上が抑止効果に期待
    • カスハラ目撃率は65.3%。目撃場所1位は「小売店舗」、2位は「レストランやカフェ」、3位は「役所の窓口」
  • 6月 26, 2024

    料理のコスパ・タイパに関する調査

    #生活者トレンド

    • 年代が上がるほど「毎日」料理をする割合が高く、女性のおよそ半数。男性は約2割にとどまる
    • 夕食でコスパがよいと感じる価格は、内食・外食ともに一人当たり「500~1000円未満」が最も高い
    • 料理にかかる時間は「30分以内」、外食の際に待てる時間は注文から「20分以内」がトップ
    • 料理のタイパを上げる方法は「シンプルなレシピを選ぶ」が約6割で最多。「事前の下ごしらえ」や「冷凍食品」「調理器具」の活用が約2割
    • タイパを上げるために、約7割が「週に数回以上」冷凍食品を利用している

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ