• 生活者トレンド

2024-02-08

2024年バレンタインに関する調査

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費行動の実態把握に資する基礎情報提供を目的とした「2024年バレンタインに関する調査」の結果をご報告いたします。

調査結果詳細

調査方法 : インターネット調査
調査期間 : 2024年1月31日~2月3日
パネル : 「Pontaリサーチ」会員
     (Ponta会員で「Pontaリサーチ」の会員登録をしていただいている方)
調査対象 : 国内在住15~79歳の方 ※本リリースは女性層の回答のみを掲載
有効回答数 : 1,400名 ※性別×年代10代刻み各100サンプル回収

【聴取項目】

バレンタイン関連

– 「バレンタインデーにチョコなどの贈り物をしないといけない」雰囲気有無

– 「バレンタインデーにチョコを渡す日本独自の風習」への賛否

– 「バレンタインデーにチョコを渡せる関係性の相手」有無

– バレンタイン意識

– チョコなどの贈り物を渡す人数/金額 ※自由記述

 

属性

– 性年代

 

 

【補足】

資料中のグラフは特に記載がない限り、下記としている。

– グラフ単位:%

– 数値は四捨五入のため一部合計値が100%にならない箇所あり

– アンケートで呈示した選択肢を統合・再集計した結果を掲載している設問あり

– 総務省:人口推計を基にウエイトバック集計を実施

– n=30未満は参考値扱い

2024年は渡す人数:1.69人、予算額:2,091円、1人あたり平均:1,241円

“バレンタインにチョコなどの贈り物をしないといけない雰囲気”の有無を聴取した。

女性全体では「雰囲気がある」は42%。 年代別では、20代以下と60代で、「雰囲気がある」が半数以上と高い。

▼「バレンタインデーにチョコなどの贈り物をしないといけない」雰囲気有無(年代別/全数ベース)

“バレンタインデーにチョコレートを渡す日本独自の風習”に対する賛否を聴取した。

 

全体では、【賛成計】(「賛成」+「どちらかというと賛成」)49%、【反対計】(「反対」+「どちらかというと反対」)51%と拮抗している。

年代別では、低年代ほど【賛成計】が高い。特に15-19歳では74%でイベントを許容する姿勢が読み取れる。

 

 

 

▼「バレンタインデーにチョコを渡す日本独自の風習」への賛否(年代別/全数ベース)

“バレンタインにチョコを渡せる関係性の相手”の有無を聴取した。

 

全体では、「配偶者」42%、「配偶者以外の家族」24%が上位に挙がる。また、いずれか渡せる関係性の相手がいる【相手あり計】は69%となった。

 

年代別では、「同性の友人・知人」は15-19歳において57%と過半数を超えており、“異性に渡すもの”という旧来の枠組みを超えたイベントと位置付けられている。

 

 

 

▼「バレンタインデーにチョコを渡せる関係性の相手」有無(年代別/全数ベース)

前述の【渡せる関係性の相手有無】【やらないといけない雰囲気有無】【賛否】の3軸、計8分類で市場を整理した。

 

(下図の黄色部分)”賛成しているものの渡せる関係性の相手がいない層“が約1割(=9%)でマーケットの空白が存在しており、この層へのアプローチが間口拡大に寄与すると考えられる。

 

 

 

▼市場構成比(全数ベース)

2024年のバレンタインデーの予定として、以下2点を聴取した。

 

● チョコレートなどの贈り物を渡す人数

● チョコレートなどの贈り物を購入・準備するための合計金額(税込み)

 

【渡す人数】をみると、全体では1.69人、15-19歳では平均4.00人と突出して多い。

 

【購入・準備額】をみると、全体では2,091円、30-40代は他の年代よりやや高い。また、これらを基に算出した【1人あたり平均】は、全体では1,241円となった。

 

15-19歳に着目すると、【渡す人数】の多さと【1人あたり平均】の低さが際立っており、幅広い相手にカジュアルに渡していることが読み取れる。

 

 

 

▼チョコなどの贈り物を渡す人数/金額(年代別/全数ベース)

悩む10代、楽しむ30代

バレンタインに対する意識を【相手】【世相】【商品選定】の3つの観点にて聴取した。

【相手】
全体では「自分が食べるチョコレートも買う」が24%と高く、渡す相手が介在しない自家消費マーケットが確認できた。特に30-40代ではこのマーケットが3割前後と大きい。

 

また、15-19歳は他の年代と比べて「本当は渡したいが渡せない人がいる」「惰性で渡し続けている相手がいる」「渡すかどうか難しい関係性の相手がいて悩む」「できる限り渡す人数を減らしたい」が高い一方で、「もっと気軽に多くの人に渡すようなイベントになって欲しい」も高くなっており、悩まず気軽に渡せるようなイベントを期待する様子がうかがえる。

 

【世相】
30代では「多くの種類のチョコが並ぶのを見て楽しんでいる」、「イベントで世間が盛り上がっていることが楽しい」が高く、贈答とは別次元でイベントの空気を上手に楽しんでいるといえる。

 

【商品選定】
全体では、「いつも買うブランドがある」6%、「いつも買いに行く店がある」4%、「海外のブランドの方が良い」1%と低い。商品/店舗ブランドを軸に商品選定を行う層は限定的といえる。

 

また、15-19歳は「渡すチョコレートを考える・選ぶのが面倒」が11%、「チョコレート以外の物を渡している」が12%となっており、贈答品がチョコレート以外にも拡がる兆しが見える。

 

 

▼バレンタイン意識(年代別/全数ベース)

2023年バレンタインに関する調査はこちら↓

 

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】

調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

  • 3月 4, 2024

    魚介類の嗜好・喫食実態に関する調査

    #消費動向

    • 好意度・普段の喫食状況ともにトップのシャケ
    • 喫食シーンの多様さが食生活への定着の秘訣
  • 2月 26, 2024

    『観光における二重価格に関する調査』ラジオ番組「馬渕・渡辺の...

    #消費動向

    #生活者トレンド

    • 観光における二重価格を「知っている」(17.8%)、「聞いたことがある気がする」(24.4%)を合わせた認知率は42.2%
    • 全体の約6割が国内の観光業界における二重価格設定に「賛成」。60代では反対派が約半数
    • 国内の観光業界に二重価格が設定された場合、10代と20代の約半数で旅行意向が「高まる」
    • 国内の観光業界の二重価格による訪日客への影響を懸念する人が過半数。「多言語対応」「丁寧なおもてなし」が必要といった声が挙がる
  • 2月 14, 2024

    占いやパワースポットに関する調査

    #生活者トレンド

    • 10代と20代の約7割が、今年の運勢占いまたはおみくじの利用意向あり
    • 年代が低いほど運勢占いやおみくじへの信頼度が高い
    • 10代が占いやおみくじを利用する理由は「楽しみのため」が64.4%
    • TVドラマ『VIVANT』の聖地「出雲大社」が行きたいパワースポット1位

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ