• マーケティング
  • 生活者トレンド

2021-06-16

SNSの利用状況及びインフルエンサーの実態に関する調査

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、SNSの利用状況を把握する「SNSの利用実態に関する調査」(実施期間:2021年2月26日~3月14日)及びインフルエンサーの実態を把握する「インフルエンサーに関する調査」(実施期間:2021年3月3日~3月16日)結果をご報告いたします。

調査結果詳細

SNSの利用状況に関する調査
調査方法 : インターネット調査
調査期間 : 2021年2月26日~3月14日
パネル : 「Pontaリサーチ」会員
 (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象 : 「Pontaリサーチ」会員 10代以上の男女
有効回答数 : 165,732サンプル

インフルエンサーに関する調査
調査方法 : インターネット調査
調査期間 : 2021年3月3日~3月16日
パネル : 「Pontaリサーチ」会員
 (Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象 : 以下インフルエンサー定義該当者
有効回答数 : 15,384サンプル
インフルエンサー定義:
①インフルエンサーマーケティング許諾あり
②SNSで定期的に情報発信あり
③SNSのいずれかでフォロワー数が10人以上

SNSのチャネル別利用状況

定期的に閲覧しているSNSは「Twitter」「Facebook」「Instagram」「YouTube」がそれぞれ20%以上。定期的に情報発信している方が多いSNSは「Twitter」「Facebook」「Instagram」となった。

また、SNS別のフォロワー数ではフォロワー数100人未満が50%以上とボリュームゾーン。一方、どのSNSにおいても5,000人以上フォロワーがいる人が1%となった。

SNSの情報検索・投稿内容

SNSで検索するジャンルは「食品」「飲食店」「映画・エンターテインメント」が15%以上と高い。投稿ジャンルも検索と同様の傾向がみられた。「食関連」は検索や投稿ともに高く、SNSを活用して商品やサービスの購買を検討している可能性が高い。

インフルエンサーの実態

定期的に情報発信しており、インフルエンサーマーケティングの許諾が取れた方は15,384人。 男性が54%で40~50代が多い。女性は46%で20~50代が多い。

本調査を基にSNS別のフォロワー数や情報発信頻度などのデータをまとめた約16.5万人のSNSパネルとインフルエンサーマーケティングの許諾が取れている約1.5万人のインフルエンサーパネルを構築しております。詳細なデータにつきましては是非お問い合わせください。

<パネル活用イメージ>

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】

調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ