• コロナ
  • ライフスタイル
  • 生活者トレンド

2021-05-28

コロナ禍における消費者の価値観変動調査

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、「コロナ禍における消費者の価値観変動調査」の結果をお知らせします。本調査は、独自開発の価値観判別ロジックを用いてリサーチ結果から価値観を判別できる「PERSONA+(ペルソナプラス)」を活用し、2020年5月から2020年12月における消費者の価値観変動を検証したものです。

調査結果詳細

調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年5月~12月
パネル:「Pontaリサーチ」会員
(Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象: 2020年5月 161,859人 2020年7月 132,364人 2020年12月 124,743人
※本調査は、20代以上の方を対象に実施。
※調査結果は小数点第2位を四捨五入しています。

<参考> 「PERSONA+」について

LMが独自開発した価値観判別ロジックで、Ponta会員を15の価値観クラスターに分類。

▼価値観クラスターのポジショニングマップ

※2019年3月時点(クラスター分類時の聴取データ)

※PERSONA+は、Ponta会員規約および個人情報保護法をはじめとした関連法規制に則り、
データ分析・利活用を行っています。

コロナによる長期的な外出自粛の影響でアクティブな層が減少

▼価値観クラスター構成比の変動

※上記グラフ内の「緊急事態宣言」は2020年4月7日~5月25日(最長で発出されていた区域の期間)に発出されていたものを指しています。
・2020年5月から2020年12月にかけて、CL1、CL2、CL7、CL8といった、外交的でアクティブな層の
構成比が減少。
・一方で、CL3、CL4、CL6、CL9、CL14といった内向的でインドアな層の構成比が増加。

アクティブな層の変化後、リーダー要素や自己研鑽といった向上心に関する因子が低下傾向

▼CL1構成比の変化

※2019年3月時点(クラスター分類時の聴取データ)
コロナ影響で構成比が減少した、CL1(こだわり重視のリーダータイプ)の変化先を確認すると、
CL1のまま変化がなかったのは、50.4%。
変化があった層を分析すると、CL11(マイペースな自然体タイプ)への変化が最も多い。
次いで、CL13(コミュニティ重視の安定志向タイプ)となっている。

▼CL1とCL11の10因子得点の比較

※2019年3月時点(クラスター分類時の聴取データ)
CL1とCL11の特性の違いを価値観に関する10因子で確認すると、「現在の生活」「消費意識」因子に大きな乖離がみられた。
現在の生活満足度の低下と消費の抑制により、価値観クラスターが変化していることがうかがえる。

▼CL1とCL11の詳細因子得点

※2019年3月時点(クラスター分類時の聴取データ)
10因子の「信頼感・協調性」「現在の生活」について、詳細な因子得点を確認し、より深く特性の
違いを分析すると、「リーダー要素」「自己研鑽」因子に大きな乖離がみられた。
コロナによる巣ごもりは、消費などの行動面だけでなく、周囲や自己を高める精神面にも影響を
及ぼしている。

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】

調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

PERSONA+について
詳細はこちら

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ