コラム

Vol.002

約16.5万人の「サステナブルパネル」を活用したサービスの提供開始

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、2021年6月からPontaリサーチ会員約16.5万人のSDGsや社会貢献に関する意識・行動のリサーチ結果をまとめたパネルデータ「サステナブルパネル」の活用サービスの提供を開始します。

LMは2010年のPontaサービス開始当初より、リサーチサービス「Pontaリサーチ」を提供しており、Pontaの実利用データと掛け合わせが可能な調査・分析で、企業ごとの調査ニーズに応じてマーケティングの支援をしてまいりました。

近年、国連の掲げる「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」の達成に向け、さまざまな企業が取り組みを積極的に行っています。LMは、消費者のSDGsに対する意識や行動を捉えるサービスを提供することが、企業のSDGsに関する取り組みの支援、そしてSDGsのゴール達成に貢献すると考え、このたび「サステナブルパネル」を構築しました。

 

「サステナブルパネル」は、Pontaリサーチ会員を対象に聴取したSDGsや社会貢献に関する認知や意識、行動状況に関する調査データです。パネル数は約16.5万人です。SDGs関連の取り組みの検討データとしての活用やSDGs関連商品・サービスのプロモーション、SDGsに関心のある消費者に対する詳細なリサーチの実施などにご利用いただけます。

 

LMは、消費者のSDGsに対する意識を捉えた本パネルの提供を通じ、消費者と企業をつなぐマーケティングの支援、そして持続可能な社会の実現を目指してまいります。

※本サービスは、Ponta会員規約および個人情報保護法をはじめとした関連法規制に則り、データ分析・利活用を行っています。

サステナブルパネルの特長

●パネル数、約16.5万人というデータ規模●パネルデータを活用して絞り込んだ会員に向け、多角的なアプローチが可能●自動車パネル、住宅パネル、金融パネルなどの各種専用パネルと掛け合わせた分析も可能

アプローチには、LMが提供するメール、郵送DM、アプリ、SNSなど、デジタル・リアル問わず、最適な手段を利用できます。

※各種通知手段によって情報提供を行うことに同意いただいたPonta会員に向けて、アプローチします。

企業におけるサステナブルパネルの活用イメージ

➀パネルデータに基づくSDGsの取り組み検討

SDGsや社会貢献関連の取り組みの検討材料として、パネルデータを活用できます。

➁SDGsの取り組みの効果検証・リサーチ

SDGsや社会貢献関連の取り組みの効果検証として、パネルの会員に対してリサーチを実施できます。企業が詳細な調査をしたい層に合わせ、ターゲットを絞り込むことも可能です。

例)パネルデータの“SDGsに対する意識の高い層、低い層”それぞれに、企業や商品の“ブランドイメージ”をリサーチし、取り組み前後のイメージ変容を分析。

③SDGs意識に応じた効率的なプロモーション

消費者へ訴求したい商品・サービスに合わせて、環境意識や社会貢献意識の高い会員を対象に、Pontaの有するリーチ媒体でプロモーションが可能です。

例)省エネ家電の利用意向がある会員を対象に絞って、郵送DMプロモーションを実施。

④パネルデータを掛け合わせたアナリティクス

パネルデータと企業の購買データを掛け合わせることで、深化した分析が可能です。

例)消費者の環境意識の違いによる商品の購入状況を比較。

<参考>
本パネルの構築にあたり、Pontaリサーチ会員に対して実施した「SDGsや社会貢献に関する意識調査」の結果は以下の通りです(一部抜粋)。

【調査概要】
調査方法           : インターネット調査
調査期間           : 2021年2月26日~3月14日
パネル              : 「Pontaリサーチ」会員(Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
調査対象           : 「Pontaリサーチ」会員 10代以上の男女
有効回答数           : 165,732サンプル

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ