〜データマーケティング支援の実績をご紹介します〜

Vol.001

ペルソナマーケティング支援サービス「PERSONA+」提供開始

このたび、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)が提供を開始した「PERSONA+」は、独自の価値観判別ロジックで企業の顧客を15の価値観クラスターに分類してペルソナを作成し、近似Ponta会員へのプロモーション施策の実行まで支援するサービスです。価値観パネル化した約1億人のPonta会員に向けて、既存顧客の価値観をもとにターゲティングすることで、新規顧客の獲得や売上向上などにつながる施策を実現します。

LMは、本サービスの提供を通じ、企業各社のデータマーケティングを支援し、圧倒的顧客満足の実現を目指してまいります。

顧客の“価値観”を明確化、適切なペルソナ設定と近似Ponta会員へのプロモーションを実現

【特長1】200設問以上のアンケート分析で導き出した、約1億人の巨大な価値観パネル

価値観を構成する10の因子を特定する200設問以上のアンケートを、5万人のPonta会員に実施。結果を分析し、独自の15の価値観クラスターを作成しています。さらに、Pontaの会員情報や実利用データをもとにした拡大推計モデルにより、約1億人のPonta会員を価値観パネル化しています。

【特長2】簡略化した価値観判別ロジックを組み込んだリサーチで、顧客の価値観を判別

既存顧客の価値観を知りたい企業向けに、4設問33選択肢で、価値観を精度70%で判別できるロジックを開発。企業の商品・サービスのニーズや満足度調査に判別ロジックを組み込んだリサーチを、Pontaリサーチパネルで実施することで、顧客データの受け渡しなく、価値観判別ができます。

また、リサーチの実施が難しい場合には、企業の顧客データとPontaデータを掛け合わせた分析で価値観を把握することも可能です。

【特長3】ペルソナに近しいPonta会員に、多角的にアプローチ可能

価値観判別ロジックで顧客の価値観を明確化し、分析結果をもとに価値観クラスターをペルソナに設定。LMの有する多角的なチャネルを活用し、近似するPonta会員に向けたプロモーションを立案します。メール・郵送DM・アプリ・SNSなど、デジタル・リアル問わず、最適な手段を提案します。

<参考> 「PERSONA+」の15クラスター 一覧

LM独自の価値観判別ロジックで、企業の顧客を以下の15クラスターに分類します。各バブルの大きさはクラスターのボリュームとなっており、企業の顧客に合わせて変化します。ライフスタイルへの意識や情報感度など、様々な価値観をもったクラスターにアプローチすることが可能です。

 

ポジショニングマップ(一例)

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】

調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

お気軽にお問い合わせください

詳しくお知りになりたい方は
お問い合わせ

BACK NUMBER