顧客分析
(Pontaデータの活用)

Pontaが持つ豊富なデータから、顧客のデモグラフィック特性や行動パターンを把握することができます。
次にアプローチすべき顧客を具体化するためのペルソナ策定や、CV確率の予測による潜在顧客の特定などにより、プロモーションにつなげることも可能です。アプローチ後の効果検証も行えるため、最適化を目指したPDCAを回すことができます。

Ponta会員データの分析

大規模なPonta会員の中から、目的に合わせて特定の条件を持つ顧客を抽出し、分析対象とすることができます。
Pontaが保有する会員データはエリア、年齢、職業、店舗利用、購入状況、活動時間帯、ロイヤリティ等、広範囲に及びます。
ある商品の購入者を特定して分析対象とするなど、実行動に基づいたセグメントにより、精度の高い分析結果が期待できます。

顧客の深掘り・ペルソナ化

顧客理解を深めるうえで、Ponta会員の嗜好性や行動パターンデータなどの豊富な情報が役立ちます。
クラスタリングなどの分析手法を用いて顧客の分類を行い、顧客層ごとにさまざまな切り口での分析を行うことで、よりリアルな消費者像を描きます。
さらに深掘りしたいPonta会員層にアンケートリサーチやインタビューを合わせて実施することで、より詳細にペルソナを作りこみ、アプローチすべき顧客像を鮮明にすることができます。作成したペルソナに合わせた具体的な打ち手までご提案します。

潜在顧客の予測

属性・嗜好性・行動パターンなどPonta保有の豊富なデータを用いてPontaAIで機械学習(モデリング)を行い、貴社商品/サービスの顧客に近い特徴を持つ潜在顧客を見つけ出します。見つけ出した特徴からPonta会員をセグメントしたり、スコアを振ってランク付けすることで顧客を拡大推計(潜在顧客を特定)し、Ponta会員を対象とした新規送客プロモーションにつなげることも可能です。

施策の効果検証

Pontaの行動履歴データや実利用データを用いて、施策前後の顧客動向を継続的に追跡することで、施策の効果測定が可能です。
Pontaを介した施策のみならず、貴社独自で行った販促キャンペーンやWEB広告、イベントも分析対象とすることができます。

非参加者との比較やABテストなど、実施する施策に対して最適な測定方法をご提案します。また、施策に反応した会員の要因分析をすることで、施策効果の高いセグメントやタイミングを見つけ出すなど、施策を効率化していくためのご支援も行っています。
Pontaアナリティクスで施策+効果検証を行うことにより、PDCAサイクルを一気通貫で行うことができます。

施策前後の購買変化

Pontaデータを利用して、施策で狙った購買行動が喚起されたかどうかを明らかにします。利用回数、購買金額、購買点数、購買品目数など、さまざまな指標で施策効果を測定できます。

トライアル・リピート、定着状況の分析

リピート購入や継続購入状況を分析することにより、施策から商品/サービスの利用に至った人が、その後定着したかどうかまで明らかにすることができます。

施策目的に応じた検証

新規顧客獲得効果、既存顧客活性化効果、離脱顧客防止効果など、目的に応じた効果がどれほど得られたかを確認できます。

流入元の確認、スイッチング分析

獲得した顧客がどんな客層なのか、以前はどのような商品を購入していたのかなど、さまざまな切り口で施策反応者の特徴を明らかにし、流入元を把握します。これにより、今後ターゲットとすべき顧客がより明確になります。

データをうまく活用できないとお悩みの方
ロイヤリティ マーケティングまで、
お気軽にお問い合わせください。